代替できるものもありますが、実はエアロックが爆破した結果、もう二度と手に入らないものが現れます。

それが手に入らないからこそ、ハブを復活させてもじゃがいもづくりは再開しなかったのです。

エアロック爆発で代用が利かないもの

植物学者であり、宇宙飛行士でもあるワトニーは、あらゆる知識を使いながら宇宙での生活を乗り切ります。

正規の物がなければ代用品を使う様子に、改めて頭の良さを感じるものです。

しかし、そんなワトニーでも絶望を感じるほど、エアロックの爆発により「100%火星では代用の利かないもの」が2つ出ました。

1つ目「糞尿」

​うんち絵文字スーパーPooper屋内屋外ドアマットラグフロアマット滑り止め寝室用バスルームリビングルームキッチン23.6×15.7インチ家の装飾

ワトニーは糞尿を水で戻し、火星の土と混ぜることによってじゃがいもづくりを行いました。

火星には生命体がいないため、糞尿に含まれているバクテリアは、無菌乾燥の火星の土を栄養のある土に変えてくれます。

その糞尿はこれまでの生活の中で、6人のクルーたちから排出されたものでした。

しかしエアロックが爆発し、平均気温がマイナス40度を下回る火星の空気に畑の土が触れたことで、バクテリアは死滅します。

ワトニー一人の糞尿では足りないし、そもそも食料もギリギリだったため、十分な糞尿が蓄積されているとは考えにくいです。

植物学者だからこそ、バクテリアの代用がないことを悟り、ワトニーは絶望するのです。

2つ目は「ロザリオ」

​Perfett japan 大型木製 ロザリオ カトリック 十字架 ネックレス

じゃがいも栽培を思いついたシーンで、マルティネスの木造ロザリオを見ながら、ワトニーはこのように語ります。

NASAが送り込んだものは全て難燃性。ただ1つだけ例外なのは、このマルティネスの十字架

引用:オデッセイ/配球:20世紀フォックス

MDAの燃料に火をつけるために、元火が必要です。しかし、NASAが送り込むものは燃えにくいため、元火を灯す素材がありません。

そこで見つけた唯一の燃えやすい物が、マルティネスの木製ロザリオだったわけです。

これも一度使ってしまっては、二度と手に入らない上「ただ1つ」の物なので、代用が利きません。

エアロック爆発以降、二度目のじゃがいもづくりをしようとしても、MDAの燃料に火は灯せないとワトニーは判断します。

NASA本部もじゃがいもづくりは諦める

​ジェックス ベストバイオサンド 6L

先述した理由から、NASA本部でもじゃがいもづくりを再開することを諦めたシーンがありました。

ワトニーから送られた情報をカプーアが聞いたとき、以下のような理由からじゃがいも生産を諦めます。

ハブの気圧が下がってしまった・水がすべて蒸発した・バクテリアが死滅した

引用:オデッセイ/配給:20世紀フォックス

やはりバクテリアの死滅は大きな理由のようです。

サンダースやヘンダーソンといった、アレス計画に関わった人物も皆、この理由に反論はしませんでした。

むしろ、残りのじゃがいもが何ソル(火星の日数)持つのか、補給物資のが何ソルかかるのか、といった計算をしていました。

つまりNASAから見てもジャガイモの生産再開は不可能と判断したのです。

映画『オデッセイ』の再現は近い

​映画 オデッセイ ポスター 42x30cm The Martian 2015 マット・デイモン ジェシカ・チャステイン リドリー・スコット [並行輸入品]

『オデッセイ』で取り上げられた火星探査計画は、現実世界ですでにNASAが進めている計画のようです。

有人探査機を火星に打ち上げる計画も進めているようで、映画内で出たパスファインダーは1997年に実際に使われたもの。

映画内でパスファインダーは40年前の物として説明されていたので、『オデッセイ』の世界は2040年ごろだと考えられます。