そんな厳しさを伝えてくれる一方で、希望の光を見せてくれるのが「ハウス・ジャック・ビルト」なのです。