我々も第二・第三のネイディーンにならないよう気をつけるべきでしょう。