そのことを教えてくれた挑戦的な作品として、見る人の心に残る作品ではないでしょうか。