注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【2人のローマ教皇(ネタバレ)】ホルヘ枢機卿の叱責と赦しの真意を考察!WC観戦が与えた影響は?ベネディクト教皇の罪に迫る

出典元: https://www.amazon.co.jp/dp/B082VWKW3X/cinema-notes-22

映画「2人のローマ教皇(The Two Popes)」はフェルナンド・メイレレスが監督を務めた作品です。

ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ枢機卿役のジョナサン・プライスとベネディクト16世役のアンソニー・ホプキンス。

この2人が本人そっくりだということでも話題になりました。

コンクラーベのためバチカンに招集されたカトリック教会の枢機卿たち。

結果はドイツ出身のヨーゼフ・ラッツィンガーが選出されベネディクト教皇になりました。

これによりアルゼンチン出身のホルヘ枢機卿は、教会との方針の違いから辞任を願い出ることに。

ここから辞めたい枢機卿と辞めさせたくない教皇の対話が始まります。

正反対の2人がいつからか心を通わせ、互いの罪を告白。

肩の荷が降りたようにベネディクト教皇が退位し、後継にフランシスコ教皇が選出されました。

彼らの罪とは何だったのか。そしてなぜ親交を深められたのでしょうか。

今回は、ホルヘ枢機卿の叱責と赦しの真意・WC観戦が与えた影響・ベネディクト教皇の罪を考察します。

ベネディクト教皇の罪

church, christianity, cathedral

神様に仕える者の中で頂点に立つ教皇は、罪など侵したことがないだろうと誰もが思うはず。

しかしベネディクト教皇はホルヘ枢機卿に自分の罪を告白しました。それはあまりにも重大な罪であり、ホルヘ枢機卿も困惑の表情を見せます。

ベネディクト教皇の罪とは一体なんだったのでしょうか。

性的虐待事件の隠蔽

カトリック教会の神父たちが児童に性的虐待をしていた事実が2002年に公になりました。

教会は事実を把握しながらも神父を他の教会へ移したり、休暇扱いにして守っていたのです。

この組織的な隠蔽は世界中に激震を走らせました。ベネディクト教皇はこの事件の時に、隠蔽する立場にあったと推測できます。

彼は保守派ですから、加害者である神父を匿うことで教会を守ろうとしたのでしょう。

教会は信者にとって救いの場所ですから、教会を守ることが信者を守ることだと思い込んでいたのかもしれません。

ですが教皇になって神の声が聞こえない日々が続いた時、性的虐待の隠蔽がその原因なのだと気付いたのだと思われます。

そしてこれを告白しなければ教皇である前に神に仕える者としての自分が破綻すると考えたのではないでしょうか。

保守派の立場

priest, europe, medieval

性的虐待事件が起こった時に神父たちを辞めさせ、国民に謝罪すればベネディクト教皇は罪の意識に苛まれずに済んだでしょう。

本当は彼も隠蔽すべきではないと考えていたのかもしれません。

しかし周りの保守派の大司教たちから、圧力がかかっていたと考えることもできます。

教会は組織ですから、個人の意見より全体としての意見が尊重されます。

改革派のホルヘ枢機卿よりも先にベネディクトが教皇になったことからしても、保守派の勢力は強かったのでしょう。