呪われた人生を抜け出す大きな一歩だったといえるでしょう。

もしかしたら…という思い

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語 [DVD]

かつて、 アビーの事故を目撃したロドリゴは、ディランを見た時にもしかして…、という思いがよぎったのかもしれません。

同じ場所で、同じように落ち込む彼女はあの時の子供かもしれない、という思いが少しはあったのではないでしょうか。

自分が前に進む為、彼は声をかけたのでしょう。

エレーナの脚色とも考えられる

バス

ディランとロドリゴのシーンは、エレーナの朗読の一部です。

通常の流れを考えるとロドリゴがエレーナに声をかける理由は、少々薄いようにも感じます。

もしかしたらエレーナが二人の出会いを演出するために、不要な部分を省いているのかもしれません。

現実の二人の馴れ初めは、もっと不器用なものだったとも考察できるのです。

「信用できない語り手」を登場させた監督の意思は、観る者によって解釈が異なるのではないでしょうか。

「パルプ・フィクション」へのオマージュ

パルプ・フィクション (字幕版)

本作はタランティーノ 監督の「パルプ・フィクション」のオマージュを感じさせるシーンが隠れています。

映画序盤のハロウィンパーティではオスカー・アイザック演じるウィル達が、ビンセントとミアに変装していました。

また冒頭部分にサミュエル・L・ジャクソンのナレーションが入るのも、オマージュといえるでしょう。

更に劇中ではボブ・ディランの曲を主軸に使用し、アビーのお気に入りのアルバムとした位置づけでした。

アビーもボブ・ディランについて熱く語っていましたが、タランティーノ監督の映画には歌手について語るのが定番となっています。

人生の交差が面白い映画

ライフ・イットセルフ 未来に続く物語 [DVD]

『ライフ・イットセルフ 未来に続く物語』は、人生のすれ違いや交差地点が巧みに演出されています。

他人同士のつながり、影響力など考えさせられるシーンが詰まっているのではないでしょうか。

人生は自分だけのものではなく、家族として続いていくものだという大きなメッセージを投げかけてくれました。

そして人生を悲観せずに進めば、幸せになれる…。

エレーナの言葉にフォーカスを当てながら、再度観直して観るのもいいかもしれません。