そうすることで、違った角度からの映画を観ることが出来るのではないでしょうか。