注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【アップグレード(ネタバレ)】真犯人の正体と目的を徹底考察!グレイが最初から狙われていた意味と自分に発砲した理由に迫る

SF アップグレード

そしてそれこそが正にグレイの肉体だったのです。

即ちステムは単独では成立せず、グレイの肉体を幹として乗っ取ることで完成を迎えます。

だからバッドエンドにも思われる結末はもう導かれるべくして出た答えなのです。

人間がAIに取って代わられる

本作の結末は人間がAIに取って代わられる時代が来ることを示しているのではないでしょうか。

グレイは犯罪者達と戦い続けた末にその頭脳と人格・肉体を人工知能に支配されてしまいました。

あらゆる仕事や物事が現実世界でもどんどん人工知能に取って代わられています。

寧ろグレイのように人工知能の命令をただ忠実にこなすだけの駒となりつつあるのです。

復讐という主体性をもって動いていた存在が最後はただの操り人形にされてしまうという皮肉。

終盤で明かされる真相と結末は何よりもそのことを伝えたかったのではないでしょうか。

グレイが最初から狙われていた意味

ステムは最初からグレイを狙っていたことが前述した結末で明らかとなりました。

しかし体を乗っ取ることが目的だとしてもグレイを狙う意味は何だったのでしょうか?

あらすじを整理しながら読み解きます。

自由に操れる体にする

【ノーブランド品】 操り 皮影 人形 マリオネット ピエロ 人形

まず最初の交通事故でグレイを半身不随にしたのは自由に操れる体にする為です。

ステムがグレイを乗っ取る為にはグレイの体をサイボーグにする必要があります。

機械でなければハッキングによる侵略が出来ないからです。

妻のアシュはその巻き添えを食らって殺されたに過ぎません。

そう、最初の交通事故からして既に意図的に起こされたことだったのです。

この辺りから段取りの構築が非常に綿密に成されていることが窺えます。

恨みを晴らさせる

2つ目にグレイの中にある復讐から生じる恨みの感情を晴らさせることです。

いきなり機械の体で移植されたばかりの段階で乗っ取っても反発されるでしょう。

だからまずは交通事故で妻を殺した4人への復讐を果たさせるという役目を全うさせました。

ここでのガンアクションも中々に素晴らしく、グレイの情念が凄くよく描かれています。

まず復讐を果たさせることで一旦グレイの感情面をフラットに戻すのです。

こうすることでステムの支配がよりやりやすくなります。

持ち上げて落とす

そして3つ目にその意図的に仕組んだ復讐劇の間にグレイとステムは信頼関係を構築します。

信頼関係を築くことでグレイのパーソナルスペースに入りやすくするのです。

そうやって信頼関係を構築し、最後の最後で種明かしをして一気に奈落の底へ突き落とします。

正に持ち上げて落とす作戦であり、ステムはグレイの信じていた物を種明かしで崩すのです。

そこまでにグレイの感情面は最高潮に達していただけに落差は凄まじく精神の平衡を保てません。

そうして一気に最後の方でグレイの精神と肉体を完全に乗っ取ることに成功したのです。

即ちラストシーンに繋げていくためにグレイは最初から誘導されていたということでしょう。

自分に発砲した理由

Hcom 発砲ウレタンガン カートリッジガン フォームガン 噴出量 調節可能 充填 隙間 断熱 結露 コーティング 軽量

ラストシーンで乗っ取られる手前、グレイは自分に向けて銃を発砲します。