注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ザ・ファブル(ネタバレ)】休業を命じた意図を考察!ファブルは普通に生きられた?海老原が小島の頭を撃ち抜いた理由とは

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07YDR3YKJ/?tag=cinema-notes-22

映画『ザ・ファブル』は南勝久の原作漫画を2019年に実写映画化した作品です。

監督は江口カン、主演を岡田准一と木村文乃という実力派俳優・女優が務めています。

6秒で人を殺せる伝説の殺し屋・ファブルこと佐藤明とヨウコの物語です。

一般人としての姿と裏のダークヒーローとしての姿との対比もまた見所でしょう。

アクションシーンも非常によく出来ており、流れるように終わりまで魅せてくれます。

本稿ではボスが2人に休業を命じた意図を考察していきましょう。

また、ファブルが普通に生きられたどうかや海老原が小島の頭を撃ち抜いた理由も読み解きます。

アクションスター・岡田准一

オカダのはなし

本題に入る前に本作を語る上で外せないのは何といってもやはりアクションシーンに尽きます。

アクション監督がアラン・フィグラルズであることに加え岡田准一のスタントが凄まじいのです。

岡田准一といえば元々V6の中でも高い身体能力と運動神経の持ち主で有名でした。

本作ではより磨きがかかって遂に本格的にアクションを組み立てる側に回ったのです。

演技力は勿論のこと近年では肉体派という属性がより強まっており、益々魅力的になっています。

本作はその意味でアクションスター・岡田准一を定着させた一作ではないでしょうか。

休業を命じた意図

開店休業

物語はアキラとヨウコのボスが1年間の休業を命じたところから始まりました。

何と一般人として揉め事を起こさず平穏無事にやり過ごせと無理難題をふっかけます。

そんなことをわざわざ2人にさせた意図はどこにあったのでしょうか?

裏の世界で目立ちすぎたから

実録!「裏稼業」騙しの手口

まず1つ目が物語開始の段階で既にアキラとヨウコは殺し屋として随分名を上げていました

しかしそれは裏の世界でその名が知れ渡ってしまうことに繋がりかねません。

そうなれば暴力団はおろか国家権力といった辺りにまで目をつけられる可能性があります。

殺し屋稼業はあくまで「知る人ぞ知る」稼業だからこそビジネスとして成立するのです。

そうしたリスクを回避するためにも1度休息期間を設けたのではないでしょうか。

人間性に深みが出る

人間性はどこから来たか―サル学からのアプローチ (学術選書)

2つ目にボスはきっと世間一般のことも知って欲しかったのではないでしょうか。

普通に生きるってことを学んだら、お前はもっとプロになる

引用:ザ・ファブル/配給会社:松竹

即ち普通の生活を知ることでアキラとヨウコの人間性に深みが出るとボスは伝えたかったのです。

経歴は謎ですが、アキラとヨウコは生まれた時からずっと裏の世界で生きてきたのでしょう。

余りにも外の世界を知らなさすぎる井の中の蛙になっていたのかもしれません。