注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ピクセル(ネタバレ)】ドンキーコングを倒せた理由を考察!地球を救ったヒーローは誰?子どもがQバートだった意味に迫る

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B01EHDFAT6/?tag=cinema-notes-22

パックマンやギャラガ、スペースインベーダーなどの、1980年代ゲームキャラクターによる、地球のピクセル化を防衛する『ピクセル』。

ヴォルーラ星にたどり着いた地球からのメッセージは、勘違いにより地球の存続を脅かすものとなりました。

劇中最も盛り上がるのが、ラストのドンキーコングとの対戦です。サムはドンキーコングが苦手だったはずなのに、なぜ勝利できたのでしょう。

また、各ゲームにおけるヒーローとは誰なのかも気になるところです。

そしてラストの衝撃シーンが、ラドローとレディ・リサの間に5人(匹?)のQバートの子どもができていること。

なぜQバートの子どもなのかも含め、今回は三つの視点から考察していきます。

世界王者の実力

さまざまなゲームが得意なサムですが、唯一ドンキーコングだけは苦手としていました。

しかし、これは「作られた苦手意識」だったようです。

少年期のトラウマ

ピラミッド アメリカ ドンキーコングレベル1 ビデオゲーム クール 壁飾り アートプリントポスター 24x36

サム・ブレナーの少年期の大会で、ドンキーコングに対する大きなトラウマがつけられます。

レベルが上がると、樽の落ち方が不規則になる。パターンに従ってちゃクリアできない。だろ?ブレナー

引用:ピクセル/配給会社:コロンビア映画

エディに大きなトラウマを植え付けられますが、結局これはエディの不正があったから。

それが明るみに出たとき、サムは自分が世界王者であったことの自信を一気に取り戻します。

その結果、ドンキーコングに対するトラウマがなくなったのです。

トラウマの「リセット・ボタン」

ドンキーコングとの対戦中に、エディの不正を知らされたサムは、トラウマをリセットしました。

ドンキーコングの世界王者は俺。

世界王者にはパターンは不要よ

リセット・ボタンだ。

引用:ピクセル/配給会社:コロンビア映画

ここで言うリセットとは、自分のトラウマに対してのリセットと考えられます。

このリセットは、最近のゲームと昔のゲームの比較をマティと話す場面で語られていました。

リセット・ボタンがある最近のゲームはつまらないとサムは言いますが、その良さや使い方をこの場面で学んだのです。

クリアできないわけじゃない

ペーパーウェイトフィギュア スーパーマリオ ドンキーコング

少年期で臨んだ大会決勝戦。確かにサムは勝負に負けますが、ドンキーコングのゲームをクリアできなかったわけではありません。

決勝戦の勝負のつけ方は、ハイスコアかどちらが先にゲームをクリアするかでしょう。

そう考えると、ドンキーコングを倒すというだけならば、サムにも十分クリアできる可能性はあるのです。

確かにパターン習得によるゲームクリアがサムの得意技ですが、それはハイスコアを出したり、時間を短くしてクリアすることが目的。

しかも、苦手な分野なのに世界王者の実力だと考えると、今回のゲームはサムにとってはむしろ簡単です。

最近のゲームに学ぶ

amiibo ドンキーコング (スーパーマリオシリーズ)

ヴァイオレットの息子マティが、軍施設でゲームをやっているとき、マティにサムはゲーム攻略法を学びます。

キャラになりきる。死なないように。

引用:ピクセル/配給会社:コロンビア映画

サムの少年期に比べ、最近登場したゲームにはパターンがありません。そんなゲームをクリアするためには、マティの考える攻略法が必要です。

ドンキーコングは、レベルが上がるごとに樽が不規則に転がされてきます。これをクリアするには、最近のゲームの攻略法が利くのです。

以前軍人にゲーム訓練をさせていたとき、サムはドンキーコングでは無駄にハンマーを取らないよう指示していました。

しかし、ラストのゲームではしっかりすべてもハンマーを使用します。つまり、その場に応じて死なない選択をするのです。