こうして、マティに学んだサムは、ドンキーコングを倒すことができました。

裏ルートがありすぎる

ラストのドンキーコング戦には、裏ルート(裏攻略法)がありました。

劇中では、かなり堂々とその手法が取っており、そのおかげでドンキーコングを攻略することができています。

梯子隠れ

ドッツ スーパーマリオブラザーズ Cセット

通常のドンキーコングをプレイするならば、樽を回避するために3つの手法が取られます。

  • ジャンプする
  • ハンマーでたたく
  • 梯子に登り回避

しかしラストのドンキーコング戦では、大統領であるウィルは梯子の裏側に隠れていました。

通常プレイではあり得ないその手法は、まさに裏ルートと言うべきでしょう。

この手法により、クレーンゲームが得意でアーケードゲームが苦手なウィルでも攻略できたのです。

ついでにジャンプで回避したサムやヴァイオレットには100点が加算されていましたが、梯子に隠れるウィルは0点の表示がされていました。

樽に乗った

不二貿易 樽型スツール 高さ40cm 天然木 ブラウン 31882

通常のドンキーコングでは、樽にプレイヤーの体が当たった時点でライフを一つ失います。

しかし、劇中のプレイでサムはその樽の上に乗っていました。いわゆる当たり判定がないのです。

Qバートに至っては、完全に潰されましたが、プレイは続けられます。となると、このゲームをクリアすることはかなり容易になるでしょう。

アクション要素をつけ加えるための演出という見方もできますが、通常プレイと比較すると容易なため、サムは攻略できるのです。

ハンマー投げ

GREAT TOOL ショート石頭ハンマー 0.45kg

通常ドンキーコングでは、ハンマーを取ると一定時間ほぼ無敵になれます(タイミングによってはダメージを加えられる)。

その一方、ジャンプができなかったり、移動速度が遅くなったりするのですが、サムにはそれがありません。

さらに、ドンキーコングを倒すために、ハンマーを投げあてていました。裏ルート中の裏ルートとも言える攻略法です。

そう考えると、裏ルートだらけの今回のゲームは、サムが苦手としていたドンキーコングとは似つかぬものであることが分かります。

各ゲームにおけるヒーローとは

地球を救うため、地球人は協力し合ってゲームをクリアしました。

パックマン戦に関してはエディの不正があったので、ヒーローはいないことを前提とします。

ついでにエディのモデルは、パックマンやドンキーコングにおける世界チャンピオンであるビリー・ミッチェルです。

つまりエディにも十分ゲームを攻略する力が備わっています。

センチピード戦

Defender Mini Arcade Game - Basic Fun Arcade Classics #17 ディフェンダー ミニ アーケードゲーム アーケード・クラシックス

センチピード戦におけるヒーローは、やはりサムとラドローでしょう。

軍人たちでは、レベル1でも敵いませんでした。レベル2以降は、軍人の代わりにラドローが加わり、その結果スムーズにゲームが進みます。

ラドローは「ワンダーキッド(神童)」と呼ばれるほどの実力の持ち主。

サムの活躍ぶりに影を潜めていますが、センチピード戦におけるヒーローであることは間違いありません。

ドンキーコング戦

Paladone 任天堂ライセンス商品 ドンキーコングマネーボックス コインバンク

ドンキーコング戦においては、当然サムがヒーローでしょう。しかし、そのサムに攻略法とエディの不正を伝えたのは、マティです。

マティの活躍なくして、サムがヒーローになることはなかったでしょう。