しかも、素材は未知のものではなく、現代の私たちが知っている素材ばかりであることからも、パーツに限界があることが予想できます。

となるとアナほどの戦闘スキルのある人のかかと落としを、シュライクに通用させることは十分可能です。

寄せ集めのパーツ

Robotime DIYオルゴール 3D立体パズル 兎 ロボット ギア クラフト キット 子供&大人 音楽ボックス おもちゃ オモチャ 知育玩具 男の子 女の子 大人 新年 ギフト 誕生日 クリスマス プレゼント 贈り物(ロボット)

何百年も存在してきたシュライクのパーツは、寄せ集めのパーツです。

8歳のヘスターを育てている時期、シュライクはさまざまな「捨てられた物」を集めていました。

集めたマシンの中に、自分を見ていたとおもう

引用:移動都市/モータル・エンジン/配給会社:ユニバーサル・ピクチャーズ

これはつまり、シュライク自身も「ガラクタ」の集まりであり、シュライクの体を構成するパーツも元は「ガラクタ」だから。

そう考えると、寄せ集めたパーツでここまでよくやって来れた、という印象すらあります。

何百年も時間が経った、寄せ集めパーツであれば、アナのかかと落としで破壊可能でしょう。

ヘスターへの愛

シュライクが停止した外部的要因がアナであれば、内部的要因はヘスターにあります。

シュライクは間違いなくヘスターを愛していました。

思い出すヘスターの顔

ポスター/スチール写真 A4 パターン4 移動都市/モータル・エンジン 光沢プリント

ここで言う「愛していた」というのは、恋愛感情というよりは人としての愛情です。

シュライクが停止する直前、仰向けの状態で思い出していたのは、ヘスターを引き取ったころの、ヘスターの笑顔でした。

死の直前に思い出すほど、シュライクにとってはヘスターが愛すべき人だったのです。

おまえは…こいつを愛しているのか?

引用:移動都市/モータル・エンジン/配給会社:ユニバーサル・ピクチャーズ

トムを踏みつけるシュライクに対して、ヘスターは涙ながらにトムを助けるようお願いしていました。

ヘスターが愛すべき人を見つけられた。そう思った時、シュライクは自分の役割の終わりを感じたのです。

そう思った時、シュライクは生きること(存在すること)に執着がなくなってしまいました。

つまりシュライクにとって、ヘスターは生きる上での目的だったのです。

魂のかけらは残り続けている

ポスター/スチール写真 A4 パターン3 移動都市/モータル・エンジン 光沢プリント

本来シュライクのように改造されてしまうと、感情も記憶もなくしてしまいます。

でも彼の中の奥底に残っていると思う。人間だった時の記憶が。家族がいたんだと思う

引用:移動都市/モータル・エンジン/配給会社:ユニバーサル・ピクチャーズ

これはヘスターが思う、シュライクという人物像です。このセリフから、シュライクにも人間らしい感情があることが分かります。

わずかながらにあるこの感情を、シュライクはこれまで否定してきましたが、ヘスターによっていつの間にか大きくされていたのです。

その感情が、ヘスターの必死の行動により完全に引き起こされた結果、「ヘスターのため」になる行動をシュライクは考えました。

こうして生きることへの執着がなくなり、シュライクは機能停止をするのです。

「自己流」でヘスター救おうとしていた

壁紙 絵画風ポスター (はがせるシール式) ファンタジーの世界、敵の冬のテーマ、グレーに対して剣を保持している戦争地域のスケルトンの兵士の頭蓋骨60x100cm ウォールペーパー シール 模様替え 剥がせる ヨーロッパ 風景 景色 海 お洒落 で 可愛い 大きい サイズ

作品の中では、ヘスターへ復習をしようとしているかのように見えるシュライク。

しかし、実際にヘスターを傷つけるようなことはしていません。シュライクはヘスターを「自己流」で救おうとしているのです。

あたしを連れ去り。育ててくれた。自己流で

引用:移動都市/モータル・エンジン/配給会社:ユニバーサル・ピクチャーズ

「自己流」で接するシュライクは、ヘスターが自分のようになって感情をなくすことがヘスターを救うための手段と考えました。

傷ついた小さな頃のヘスターはそれを望んでいたし、それが二人の約束です。

約束という言葉によって、ヘスターが義務を破ったかのように思えますが、その裏にはシュライクのヘスターに対する愛情がありました。

シュライクは、ヘスターの傷ついた心を自由にするため、「自己流」にその改善を図りたかっただけなのです。

約束からの解放

約束 (角川文庫)

作中シュライクは、ヘスターが約束を破ったことを強調します。しかし機能が停止する直前、シュライクはヘスターを約束から解放しました。

おまえを解放しよう。おれとの約束から。

引用:移動都市/モータル・エンジン/配給会社:ユニバーサル・ピクチャーズ

シュライクがそう思えたのは、ヘスターに対する愛情を思い出し、ヘスターがトムへの愛情を見せていたから。

約束がなくなったシュライクには、今後生きる目的がありません。そう感じたとき、シュライクは機能停止を拒まないのでした。

ヘスターからの愛

ポスター/スチール写真 A4 パターン6 移動都市/モータル・エンジン 光沢プリント