「チャーリーとチョコレート工場」は家族愛という大きなテーマの裏に、親の責任を問うメッセージが隠された奥の深い映画です。