恭介の精神状態を推し量ることはできませんが、少なくとも晴れ晴れとした気持ちとは正反対の闇に支配されていたようです。