注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【湯を沸かすほどの熱い愛】ラストの煙突に込められた意味を考察!双葉が固めた決意の意図は?容態の悪化とともに何が変化した?

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07JMX2YN6/cinema-notes-22

母の深い愛と病気をテーマに掲げた『湯を沸かすほどの熱い愛』は、ラストシーンへの意見が大きく分かれる作品です。

末期がんという孤独な中、家族の為に生きる母双葉の姿は涙なしでは語れません。

双葉は何を決意し生きたのでしょう。

病気と共に変化する双葉の心境にフォーカスを当てながら、問題のラストシーンを徹底解明していきます。

双葉が固めた決意は家族の団結

 湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

末期がんを宣告された双葉は、何を心に決めたのでしょう。

蒸発した夫・一浩を連れ戻すこと

双葉は自分が死んでからの家族のことを考えます。

娘の安澄がひとりぼっちにならないように、一浩を探し出すのです。

母親だからこその発想ではないでしょうか。

自分が寂しいからではなく、娘の為に元夫を探し出す彼女は母親の強さを感じます。

浮気相手の子供に対しても寛容だったのは、双葉の持つ寛容さに加え彼女が先のない病気だったからかもしれません。

深読みすると、一浩に対しては男女の愛は消えていたはずです。

一浩を家に呼び戻すのは、母として娘を守る決意に他なりません。

だからこそ浮気相手の子でも受け入れることが出来、自分を裏切った一浩を受け入れることが出来たのでしょう。

休業中の銭湯を再び営業すること

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

銭湯の仕事は必ず4人全員ですること、働かざるもの食うべからず

引用:湯を沸かすほどの熱い愛/配給会社:クロックワークス

上記は銭湯再開の時に決めたルールです。

自分がいなくなっても娘たちが共に働ける環境作りをしていることが分かります。

自分が死んだあとも、家族が生きていける環境を作り上げているのです。

母親が担ってきた生活の資金を家族で生み出せるように生きる為の土台を作り上げました。

安澄・鮎子を一人前にすること

子育てとは、親がいなくなったあとにひとりで生きて行けるようにすること、だといわれています。

自分の死期を知った双葉は短時間で、子供たちを育て上げようとしたのです。

自分が座っている番台に安澄を座らせたのもその為でしょう。

そして双葉が重点を置いたのは、精神的に自立した人間になるように問題を乗り越えさせることでした。

最終的には、弱っていく双葉を横目に娘たちは精神的にしっかりと成長していきます。

安澄と鮎子へ「繋がり」を残す

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

双葉は安澄と鮎子を本当の母親へと引き合わせます。

これも自分が死ぬ前にしておこうとした決意だったのです。

本当の親の存在はいずれ子供たちが向き合うべきものですが、自分が生きている間に実母との絆を取り戻してあげたかったのでしょう。

勿論子供たちのためですが、母として子供を愛するという幸せを実母たちに与えたかったのかもしれません。

手話を安澄に前もって勉強させていたのも、実母との再会の為であり双葉の大きな愛を感じます。

容体の悪化と共に変化したもの

湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

末期がんは最後のときまで、時間は限りなく少ないものです。

そんな時間の経過の中、双葉は何を思って過ごしたのでしょう。

家族の為気丈であった母

双葉は自分の病気を子供たちに知らせませんでした。

少しでも悲しませないように、少しでも笑顔で過ごせるように……。

彼女自身、残された時間を家族の為に生きることが出来て幸せだったことでしょう。

いいかえれば、家族の為に生きてこれたから死への恐怖を忘れられたのかもしれません。

容態の悪化が生きたいという想いを強くした

自分が作り上げた家族の姿が完成した頃、双葉の容態は悪化していきます。

彼女は容態の悪化により自分の死を実感したことでしょう。

死への恐怖は、どんな人間も持っているもので、双葉も例外ではありません。

死にたくない

引用:湯を沸かすほどの熱い愛/配給会社:クロックワークス

双葉の上記のセリフは、それまで我慢してきた彼女の想いが溢れたセリフです。

幸せな家族という存在の中に自分もずっといたかったことでしょう。

容態の悪化は双葉に死への恐怖と、生きたいという強い想いを抱かせています。

容態の悪化は彼女の視線を自分自身へ向けさせた

双葉は余命宣告を受けてから、家族のことを見て家族の為に生きてきました。

容態が悪くなるにつれ(家族の問題が解決したこともあり)、自分自身の心と向き合っていきます。

そんななか、死への恐怖が湧き生きたいという想いが膨れるのですが、彼女にとっては全てが死への準備ともいえる行動です。

娘たちが強く成長した

双葉の容態の悪化は、娘たちの心を強くしていきました。

絶対、お母ちゃん独りぼっちになんてしない

だから安心して、ありがとう

引用:湯を沸かすほどの熱い愛/配給会社:クロックワークス

娘、安澄は寝たきりになった双葉に話かけました。

これまで双葉に守ってもらう存在だった安澄は、双葉の想い通り立派に成長しています。

彼女の成長は、双葉の容態と反比例していきました。

双葉は成長した娘の姿を見ることが出来てどんなに幸せだったことでしょう。

ラストシーンの考察

 【メーカー特典あり】湯を沸かすほどの熱い愛 豪華版(B6サイズクリアファイル) [Blu-ray]この映画で、賛否両論が出ているラストシーンですが、双葉が亡くなった後のお葬式は銭湯内にて行われました。

戦慄を覚えたという意見

銭湯のお湯を沸かすかまどで双葉の遺体を火葬し、その熱で沸いたお湯に家族で浸かるシーンがあります。

タイトルの文字の奥に双葉の足の裏がチラチラと映りこんでいる……。

確かに湯を沸かすほどの愛だったのかもしれませんが、まるでホラー映画のようだという意見も多いようです。

更にはこの家族は犯罪者だという意見も出ています。

確かに常識では火葬場に行き埋葬するのが常ですね。

自分が愛する場所でお葬式

観方を変えれば、自分が愛した場所で愛した人達に囲まれてお葬式をしてもらうというのは幸せなことなのかもしれません。

事実、昔は銭湯の亭主などはお風呂場で葬式をやっていたそうです。

湯を沸かすほどに熱い双葉の愛を家族でしみじみと感じているということになります。

煙突の煙は双葉自身を表す

 JIG アートフレーム はりたつお 銭湯と郵便局 ZTH-60812

銭湯の煙突から出てくる赤色の煙に違和感を感じた方も多くいるのではないでしょうか。

劇中で度々出てきた赤色は双葉を表す色なのです。

情熱の赤が好きと話す双葉は、赤いレンタカーに乗り、探偵の娘まゆちゃんから赤いお花をもらって喜ぶシーンもありました。

湯を沸かすほど熱い愛情を持った双葉が火葬され情熱的な赤い煙となり空から家族を見守っているのがこの煙突のシーンなのでしょう。

双葉の愛は家族に受け止められ天に昇っていったのかもしれません。

劇中に観るメッセージ

 湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

本作は死を描いた映画ですが、メッセージ性は「生きる」ということです。

生きるということ

残された時間の生き方に焦点を当て、生きるということはどういうことかを考えさせられます。

「死」によって残された人たちはどうなるのか、それらを描くことで双葉の生き方が見えてくるのでしょう。

『湯を沸かすほどの熱い愛』は、母としての生き方を新たな局面から描いた作品なのです。

もしも余命が後わずかだと宣告されたら、自分ならどう生きるのでしょう。

双葉の蒔いた愛の種

劇中で双葉は多くの人に愛を与えます。

そんな彼女の生き方を象徴しているのがヒッチハイカーの向井拓海ではないでしょうか。

やっと目的地見つけましたよ

しばらく、住み込みで働かせてもらいます

引用:湯を沸かすほどの熱い愛/配給会社:クロックワークス

目的が見つからず放浪していた彼に愛を与えた双葉ですが、自分の容態が悪くなったころ彼は戻ってきます。

向井拓海の存在は、銭湯を支える存在になり、彼女の蒔いた愛の種が実を結んだ証でもあるのです。

愛を求め愛を与えた双葉の人生

 湯を沸かすほどの熱い愛 通常版 [DVD]

双葉は、死の間際多くの人に愛を与えました、それは彼女自身が愛を求めていたからかもしれません。

ひとりの母親の「死」を通して、生き方や残されたものの感情を切なく描いていました。

「死」があるから生きることを考えることが出来るのでしょう。

映画を通して「生きる意味」というものをもう一度考えたくなる作品です。