注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【空飛ぶタイヤ(ネタバレ)】原作とは異なる印象を抱く理由を徹底解説!登場人物の立場それぞれの真実が作品に与えた重みとは

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07HKGGJ6W/cinema-notes-22

トレーラーの脱輪事故を巡る運送会社の闘いを描いた『空飛ぶタイヤ』

大企業の闇に挑む中小企業の逆転劇であるとともに、企業の社会的責任のありかたを問う作品です。

第42回日本アカデミー賞では、監督賞や脚本賞をはじめ9部門で優秀賞を受賞しました。

池井戸潤の小説が原作で、物語の流れはほぼ原作通りといえます。

しかし、どこか原作とは異なる印象を受けた方も多いのではないでしょうか。

今回は、本作と原作小説の間にある差異や、それがもたらした影響について徹底的に解説します!

原作小説の特徴は?

空飛ぶタイヤ(上) (講談社文庫)

小説『空飛ぶタイヤ』は、2005〜2006年にかけて「月間J-novel」に連載されました。

その後、単行本や文庫版が発売され、累計180万部を超えるベストセラーとなっています。

池井戸潤作品初の映画化

池井戸潤の小説作品は『半沢直樹』『花咲舞が黙ってない』『下町ロケット』などがドラマ作品として映像化されています。

一方『空飛ぶタイヤ』は初の映画化作品となりました。

池井戸潤の名作がスクリーンの中でどのように輝くのか、注目していた方が多いのではないでしょうか。

「人」を描きたいという原作者の想い

金融探偵 (徳間文庫)
池井戸潤は大手銀行に勤めていた経験があったため、銀行をテーマにした作品を多く手掛けていました。

そんな中、作品の舞台を銀行の外、もっと広い社会へと拡げていく中で執筆したのが『空飛ぶタイヤ』です。

僕はこの作品から“人を描く”という根幹を学んだ。

引用:https://www.excite.co.jp/news/article/Crankin_5678010/

映画化に際してのインタビューで、池井戸潤はこう答えています。

つまり、登場人物それぞれが自身の立場や抱えている葛藤を解決するためにとった行動や言動が、事細かに描かれている作品なのです。

もちろんそれは小説のみならず、映画となった本作でも克明に描かれています。

描かれる人物の数だけ重みが増していくような印象を与えました。

原作と異なる印象を抱く理由1:語り部の視点

視点を変える -仕事で成功する発想法
同じ物事でも、誰の視点から見るかによって印象は大きく変わります。

誰かが感じた衝撃を第三者が語ったとしたら、きっと真実味を帯びないでしょう。

視点は、物語にとって非常に重要な役割を担っています。

本作と原作小説の相違点として「語り手の視点の違い」が挙げられます。これが作品にどのような影響を与えているのでしょうか。

主要人物の視点に絞った映画版と、多面的に語られる小説版

原作小説の登場人物は約70人。一人ずつ事細かに、関係性や心情が矛盾しないように描かれています。

一般的な小説では、数多くの人物が登場したとしても心情まではっきり描かれるのは主人公とその周りだけではないでしょうか。

実際は主人公の行動に何らかの影響を及ぼしている人物が沢山いるはずなのです。

池井戸潤はここにスポットを当て、『空飛ぶタイヤ』で実例を示したといえます。

一方、映画では主要人物の赤松、沢田、井崎の3人、特に赤松と沢田の視点を中心に物語が展開していきました。

つまり、小説では主要人物の行動を裏で支える人々の心情まで描かれるけれど、映画では描かれない

これは作品にとって良いことなのでしょうか。

描けないからこそ力量が試される

原作小説は上下巻に分かれており、合計ページ数は約820ページにものぼります。

映画化する場合はこの量を120分のフィルムに収めなくてはなりません。

登場人物として深掘りする対象を数人に絞ることは避けられませんでいた。

しかし、映画を観た後で「行動背景が分からない」という感想を持った方はきっと少ないはずです。

原作で描かれている素晴らしい人物描写の中から、どこを削ってどこを膨らませるのか。

池井戸潤が小説で訴えたかったことは絶対に削らず、最も納得性が高いストーリーにするにはどうしたら良いのか。

本作の監督である本木克英は、原作から映画への移行する際の匙加減について熟考したのです。

その甲斐あって本作は、そこに描かれていない人物の心情まで手に取るように感じられる充実した作品になったのです。

原作と異なる印象を抱く理由2:原作にしかないエピソード

テクニカルアート―猪本義弘の自動車構造画集 新装版
どうしても削らざるを得ないストーリーがあったという事実は、前項で納得いただけたことでしょう。

では、原作にしかないエピソードには、どのようなものがあったのでしょうか。

児玉通運やはるな銀行の協力

赤松運送と同様の脱輪事故を経験した運送会社として、野村陸運(小説では児玉通運)が登場します。

一方、原作ではこれに加え、赤松運送と児玉通運の関係性についても詳しく記載されています。

大口の取引先から契約を解除されたうえ銀行にも融資を断られ、深刻な資金難に陥っている赤松運送。

その現状を知った児玉通運は、赤松運送に下請けの仕事をまわしたり、新規の取引会社を探しているはるな銀行を紹介したり。

何かと世話を焼いてくれます。

赤松運送は「事故を起こした会社」という悪印象が先行して融資を断られてきました。

しかしはるな銀行は今までの赤松の堅実な経営を正当に評価してくれたのです。

事故以来理不尽なバッシングを受け続けてきた赤松にとって、資金面だけでなく精神面でも大きな助けになったでしょう。

映画では描かれていませんが、こうした背景を知ることで赤松という人間が信頼される理由が見えてきますね。

沢田には夢があった

映画の中で沢田の本来の姿が垣間見えるのが、新車企画の社内コンペに応募するシーンです。

「商品企画部での地位を確立したい」という目的があったことは映画でもよく分かります。

ここに、省かれたエピソードを補完することで沢田がなぜこの企画に駆り立てられたのかが分かります。

「いつか自分のアイデアでクルマを作りたい」

子供の頃からクルマが大好きだった沢田にはこうした純粋な夢があり、希望を抱いてホープ自動車に入社したのです。

その後、社会人として経験を積む中で自社の腐敗した体質を目の当たりにしながらも、その夢を持ち続けていた沢田。

だからこそ小牧に「悪魔に魂を売った」と言われても、夢だった商品開発部へ異動する道を選んだのです。

どこまでも純粋に夢を持ち続けていることを知ると、沢田がより人間らしいキャラクターに見えてきます。

もうひとつの闘いがあった

ランドセル

原作小説には、赤松家の子供たち(原作では二男一女)が通う小学校での出来事も重要なエピソードとして盛り込まれています。

小学校にいる強烈なモンスターペアレントが赤松を犯罪者扱いし、事あるごとに騒ぎ立てます。

親の影響を受けた子供による赤松の息子・拓郎へのいじめも描かれています。

親同士・子供同士の闘いは、小説の中でメインの問題(事故)と両立させる形で展開していきます。

PTAや沢田の妻の部分は、小説でも省略できることがわかっていて、実は省略することも検討した部分なんです。

引用:https://tsutaya.tsite.jp/news/magazine/i/39495455/index

実は池井戸潤が執筆している最中、小学校での出来事や妻についての描写は必ずしも必要ではないと考えていました。

ですから、まるで原作者の意図を汲み取ったかのような本木克英監督の取捨選択に、池井戸潤は驚いたそうです。

原作と異なる印象を抱く理由3:映画にしかないシーンがある

映画を書くためにあなたがしなくてはならないこと シド・フィールドの脚本術
赤松と沢田が事故現場で言葉を交わす場面が2度ありました。

ラストシーンともう一つ、被害者家族の想いを実感した沢田が事故現場を訪れるシーンです。

敵対していた2人が、この場面を境に「被害者のために事故の真相を究明する」という共通目的を持った同士へと変わります。

しかしながら、事故の原因を作った大企業と苦しめられた中小企業という立場が変わることはありません。

同じ方向を見ていても全く異なる立場にいる2人を対比させる、映画ならではの印象的なシーンとなっています。

原作と異なる印象を抱く理由4:登場人物の性格や設定が異なる

空飛ぶタイヤ(上) (BE LOVE KC)
登場人物の描かれ方や設定にも異なる点があるのです。

人物を目で追う観客にとって、これは印象を左右する大きな要因となるでしょう。

赤松が苦悩する人物として描かれた理由

映画でも小説でも、赤松は情に厚く曲がったことが許せない実直な男として描かれているのは共通しています。

映画では、筋が通らない主張をする相手に対して噛みつく姿勢はそのまま描かれていました。

しかしそれ以上に、困難を自分の中でどうにか収束させられないかと苦しみ、葛藤するような人物という印象がありました。

一方、原作では相手に噛みつき啖呵を切る姿が頻繁に描かれているのです。両者はかなり印象が異なりますね。

映画化にあたっていくつものエピソードを削り、人物描写も最小限にとどめている本作。

いわば原作に穴が空いてしまっている状況です。ではなぜ物足りなさを感じないのか。

その理由は、穴を埋めるだけでなくそこに新しい花を植えているからです。

小説に負けないぐらいに登場人物の心情を克明に描き、穴を埋めています。

更にそこに苦しみや葛藤といった試練を与え、それを打開させることで美しい花を咲かせているのです。

これにより、登場人物が小説よりも深みのあるキャラクターとして印象づけられるのでしょう。

沢田の支えとなる妻

映画では、リコール隠しや社内の権力闘争に翻弄されながらもクールな印象を手放さない沢田。

原作では周囲の言葉に心が揺れる様や決して冷徹ではない姿がしっかりと描かれています。

その一つは車を作るという純粋な夢を持っていること。そしてもう一つは妻の言葉に影響されやすいということです。

映画では沢田は離婚しており、妻は登場しません。一方原作小説では妻帯者の設定です。

妻・英里子は、沢田の葛藤を見守りながら「正しい道に進んでほしい」という想いをさりげなく伝える人格者。

沢田は基本的に利己的な人間ですが、英里子の助言が心の奥の良心を思い起こさせ、その度に心情が揺れ動きます。

この設定を知ると、映画で描かれている沢田の姿に新たな解釈が生まれますね。

井崎の詳細な内面描写

井崎はホープ自動車の命運を握る重要な役どころ。映画では出番が少なかったですね。

会社の経営体制に批判的で、小説ではかなり辛辣なセリフを吐くキャラクターとして描かれています。

顔色を変えないまま心中では常にホープ自動車に毒づいており、同社のぬるま湯体質にほとほと嫌気がさしています。

映画に比べると感情の起伏が分かりやすく描写されている人物です。

真のプライドの重さ

【交換取付作業込】 タイヤ 4本 DAYTON 215/40R18 89W ブリヂストン工場製品 ブリヂストン タイヤ専門店 取付作業 1台分 セット
『空飛ぶタイヤ』には、「プライド」という言葉が何度も登場します。

赤松の闘いは仕事熱心な社員を誇りに思っています。

「事故の再発を食い止めることで被害者に報いる」という人間としての自尊心が原動力となって行動しています。

沢田は「一流企業の社員」という思い上がりから中小企業を見下していました。

しかし最後にはうぬぼれという誤ったプライドを捨てて、メーカーとしての被害者に対する責任を全うしようとしました。

井崎は「正しい融資でない限りは通さない」というバンカーとしての信念を貫きます。

また刑事の高幡は、捜査方針の誤りを認めることを「プライドを捨てた」と表現しました。

裏を返せば、偽物のプライドを捨てて被害者のために真相究明するという「真のプライド」を持ったことにほかなりません。

それぞれの仕事に対するプライドは、小説・映画ともに作品を貫く主柱となりました。

闘う男たちの物語に重みと深みを与えているのです。