注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【白夜行(ネタバレ)】死んだ亮司を「知らない」と一蹴した心理を解説!雪穂の闇と亮司の闇の違いは?亮司にとって白夜とは

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07S63X31Y/cinema-notes-22

2011年公開の『白夜行』は東野圭吾原作の推理小説が元になっています。

韓国映画や舞台、ドラマなどで数々上映される人気作品です。

猟奇的な生き方ともとれる雪穂の言動が話題となりましたが、彼女はなぜ亮司を「知らない」と一蹴したのでしょう。

雪穂の持つ闇と亮司の闇には、どんな違いがあるのか……。

タイトル「白夜」は一体何を指しているでしょう、名作『白夜行』を徹底考察していきます。

雪穂はなぜ亮司を「知らない」といったのか

白夜行 (集英社文庫)

本作のラストシーン、雪穂の言動が様々な憶測をよんでいます。

彼女はなぜ「知らない」と一蹴したのでしょう。

保身の為

端的に考えれば、亮司との関係性を切ることで警察の手が自分に及ぶのを防ぐためと考えられます。

自分のブティックがオープンし人生が軌道に乗っている雪穂は、今の自分の生活を壊したくないはずです。

亮司が死んでしまった今、自分の犯した罪は全て消え去ったと考えたのでしょう。

積み重ねてきたこれまでの努力を失わない為にも、亮司を知らないと告げたのです。

彼女はこれから先、警察に追われることはないでしょう。

憎んでいた為

深読みすると、雪穂は尋常な思考ではありません。

亮司を沈まぬ太陽としながらも、彼の存在に縛られていたとも考察できます。

亮司は自分に力を与える存在であり、同時に罪を犯させる存在だったのでしょう。

事実、亮司がいなければ雪穂は巧みに罪を犯し続けることは出来なかったはずです。

無意識下で彼と離れたいと思っていたのではないでしょうか。

だからこそ、三枝の腕をとった雪穂はうっすらと笑みを浮かべたのです。

彼との絆がそうさせた

雪穂の精神を通常のものと考えると、見方は変わってきます。

亮司は雪穂を守るために死を選びました。

彼の想いをくみ取った雪穂は、あえて彼を知らないと一蹴したのでしょう。

自分が幸せになり、彼の想いに報いようとしたのです。

共に殺人を犯してきた二人には、友人関係や恋愛関係などと一言で表すことのできないような心の深い所での繋がりがあったとも考察出来ます。

全てから解放された微笑み

TBS系ドラマ「白夜行」オリジナル・サウンドトラック

雪穂の最後の微笑みには一体どんな意味が隠されていたのでしょう。

上記で考察したように亮司が死んで、全てから解放されたという気持ちがほほえみに現れたのではないでしょうか。

安堵感のほほえみ

亮司は雪穂にとって大切な人ですが、彼女にとっての大切とはイコール自分の味方ということです。

親に見放されて育った雪穂は、人に愛されることも知らなければ人を愛することも知りません。

亮司の死は自分の唯一の味方を失ったことを意味しています。

しかし彼女の隣には、三枝という力強い味方が現れました。

彼女は寄生虫のように次の味方へと心を移していくのでしょう。

雪穂の微笑みの底には、亮司が守ってくれたという安堵感次の味方がいて良かったという気持ちが隠れています。

また、自分たちの罪を裁けない世間へ対しての勝算のほほえみだったのかもしれません。

感謝のほほえみ

雪穂と亮司の絆を強いものと観た場合、死さえも絆の証だったと考えられます。

多くの言葉を交わしていた二人ではありませんが、気持ちは通じていたはずです。

亮司が死んだこと、自分が知らないと一蹴したこと……。

全てがこれでいいんだよね、という亮司へのほほえみだったのかもしれません。

実際に亮司は、雪穂が捕まることを望んではいないのです。

雪穂の闇

白夜行

劇中で雪穂は母親に、虐待にも似た性的暴行を強いられていました。

彼女も持つ闇の根源が母親であるのはいうまでもありません。

子供時代に培われた闇

虐げられて育った子どもは、親から受けた行為と同じものを他人へ向けるといわれています。

劇中で気に入らない人物を次々とレイプさせたのも、子供の時の経験がさせるものなのです。

雪穂は自分の困難をレイプや殺人といった方法で潜り抜けていきます。

この行動は子供時代の経験が原因で、大人に虐げられてきたから彼女の攻撃性が強くなっていったのでしょう。

雪穂は罪悪感を持たずに罪を重ねているように観えます。

彼女の持つ闇は心が育っていないこと、心を失っていることです。

自分がされて辛かったことを他人にもするのは、ひどすぎる行動ですが虐待を受けて育った子供は、成長すると同じことをしてしまうのでしょう。

亮司を愛することも出来なかった

亮司と雪穂は二人でひとつの存在だったともいえます。

しかし雪穂が亮司に愛を向けることはなかったでしょう。

亮司は自分の寂しさを埋める存在というわけではなく、一緒にいて幸せを感じる存在でもありません。

自分には太陽に代わるものがあり、その光によって夜を昼と思って生きてくることが出来た

引用:白夜行/配信会社:ギャガ

雪穂は亮司を自分を救う光といっています。

彼女は自分が欠如している部分を彼に求めていたのです。

亮司の闇

白夜行 [Blu-ray]

亮司には親の裏切りによって闇が生まれています。

偏った愛

亮司は父親の行為の罪滅ぼしの為に雪穂を守っていきますが、そこには「愛」が隠されています。

父親を殺したのは衝動的ともいえる怒りですが、人を殺したことで彼の中の良心は崩壊したのかもしれません。

亮司は雪穂を守ることだけが生きる目的のように観えます。

彼女は誰も愛することがない、とわかっていたのではないでしょうか。

そんな彼女の一番近くにいるのが自分であり、彼女が自分を求めているのも感じていたはずです。

彼は雪穂が持つことのできない「愛」を雪穂に捧げています。

その為に罪を犯し続けたのは愛が極端に偏っていた為でしょう。

家庭環境が生んだ闇

亮司が犯罪者となったのは父親殺しがきっかけですが、もとをただせば家庭環境にあります。

心が満たされず、傷を抱えたままの心が怒りに変わり犯罪への原動力となっていくのです。

亮司も両親に十分な愛を受けておらず、雪穂の存在が自分の存在価値を確かなものにしてくれたのでしょう。

彼もまた雪穂に依存し生きていたといえるのではないでしょうか。

亮司にとっての白夜

【映画パンフレット】 『白夜行』 出演:堀北真希.高良健吾.姜暢雄

「白夜」とはいわずとも知れた沈まぬ太陽であり、薄明かりの状態です。

本作のタイトルともなった「白夜」は、亮司にとってどんな意味があるのでしょう。

雪穂を守る想い

雪穂は自分を求めていると感じていた亮司にとって、自分は沈まぬ太陽であり続けようと思ったことでしょう。

雪穂が歩む上で、邪魔になるものを排除し彼女が転ぶことのないように道を照らす太陽です。

その行動の根底には「愛」と「依存」が見え隠れしています。

雪穂が自分にとっての白夜だった

映画シリーズポスターGone with the Wind P3風と共に去りぬP3 ポスター A3サイズ(42x30cm)、素晴らしい室内装飾品

劇中では雪穂が亮司を沈まぬ太陽だと例えていますが、亮司にとっては雪穂がそうだったのでしょう。

子供の頃、図書館で同じ絵本を借りていた時から彼は雪穂に強い絆を感じていたはずです。

彼の人生のよりどころともいえる雪穂の存在は、彼の行動の原動力であり唯一の光だったのです。

タイトルにつけられた「白夜」は薄暗い世界です。

二人にとって世界はどこか朧気で薄暗い場所だったのかもしれません。

ドラマ版を観て繋がる「白夜行」

白夜行【TBSオンデマンド】

『白夜行』は映画化される前に、ドラマでも放送されています。

ドラマ版では亮司の視点で物語が展開していくので、映画とは違った視点で楽しむことが出来るのではないでしょうか。

登場人物やストーリー性も多少違っていますが、双方を観ることで作品に深みが増していきます。

亮司の視点で本作を楽しみたい人は、ドラマ版もおすすめです。

人生の闇を描く名作

白夜行

 

本作はサスペンスでありながら、人間の心の闇を巧みに描いた作品です。

主人公に感情移入するのが難しいともいわれていますが、彼らの育った環境を想像すると罪を犯す心境が観えてくるかも知れません。

人の絆は様々な形で描かれますが『白夜行』は罪という絆の強さをまざまざと見せつける作品といえるでしょう。