戦争という激動の日本を舞台にしつつ憎しみと許しを描いた本作は、昭和に名を残す名作といえるのではないでしょうか。