注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ネタバレ】ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド徹底解釈!つまりあの映画はなんだったのか?

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07W8LJ6JY/?tag=cinema-notes-22

クエンティン・タランティーノ9作目となる作品は、彼のハリウッド愛、映画愛に加えオタク心と遊び心が爆発した一作となりました。

タイトルには童話の昔話を始めるにあたっての決り文句「ワンス・アポン・ア・タイム・・・」(昔々あるところに・・・)が使われています。

これはすなわち、本作がタランティーノ流の「童話」「ファンタジー」であることを示唆しています。

タランティーノの近作に比べ、さらに「遊び」とプロットの多い長い映画になった上、半分あたりまでストーリーらしいストーリーがありません。

これによって、この映画は一体何を言いたいのか?と戸惑う人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」でタランティーノが表現したかったことは何か、を読み解いていきたいと思います。

フィクションが持つチカラ

タランティーノの作家性

Quentin Tarantino: Life at the Extremes (Modern Filmmakers) (English Edition) Kindle版

「ハートフル・エイト」「ジャンゴ 繋がれざる者」「イングロリアル・バスターズ」というタランティーノの近作の系譜をみると、見えてくるものがあります。

それは社会性(黒人差別、人種問題、ナチに代表される不寛容など)を外していないということです。

またスプラッタともいえるような過激なバイオレンスの後ろにはタランティーノなりの「弱者への視点」が必ずあることを見逃してはならないでしょう。

彼はその問題点を、よく出来た構造の物語に置いた上に魅力的な俳優を配し、独特の斜に構えた視点から料理して訴えかけてくるのです。

提示する社会性とは必ずしも政治的に解決が必要なものとは限らず、今回の作品のように私たちの身近にあって「もやもやしている問題」も含まれています。

本作ではそれが「シャロン・テート殺人事件」におけるマンソン一味に対する精算だったと考えて良いでしょう。

またディカプリオ演じるリック、ブラッド・ピット演じるクリフという二人は架空ですが、他の主要登場人物は基本的に実在の人物です。

こうした虚構と現実をミックスすることによって「現実に近い夢物語」を極めて高い次元で実現しているといえるでしょう。

それが大きく感じられるのがシャロン・テートが自分が出演している「サイレンサー第4弾/破壊部隊」を一人映画館で観ているシーンです。

スクリーンを観ているのはマーゴット・ロビー演じるシャロンであるものの、彼女が観ているスクリーンに映っているのは本物のシャロン。

マーゴットのシャロンの幸せそうな表情を観る観客は、恐らく不思議な幸福感を受けるのではないでしょうか。

このシーンではタランティーノのシャロンに対する愛情を強く感じます。その感情はラストに待つ大事件を読み解く重要な鍵となっているのです。

このシーンにおいてシャロンと幸福感を共有しておくことはラストに向かっての物語を理解する上で極めて大切なポイントになるのです。

「復讐」

Revenge

さらにもう一つ。「復讐」というキーワードを見逃すわけにはいきません。

「復讐劇」の決着は映画の王道的カタルシスです。タランティーノの作品も形はどうあれ、「復讐」への収斂という形が近年多く見られます。

ラスト近くで必ず繰り広げられる血だらけのバイオレンスは観客に「イケイケ」のカタルシスをもたらす事でしょう。

正義(とは限りません)が勝つ瞬間に溜飲を下げることを決して否定はしません。

しかし、タランティーノの主張はもう一段深いところにある、とみるべきではないでしょうか。

それを観客それぞれが想像・妄想する。

それがタランティーノ映画を観る楽しみの一つとなっています。

こうして「作り物」(フィクション)を極めて上手く構成することにより、人間の本性や、社会的問題点を突いてみせるのです。

これはタランティーノが映画の持つフィクションのチカラを心から信じているからといえるでしょう。

1969年のハリウッド

時代と映画の大転換点

Hao Jinsun The Hollywood Sign キャンバス アートボード アートフレーム インテリア絵画 おしゃれ モダン フレーム 部屋飾り 絵画 壁掛け アートストリート バンクシー ポスター

タランティーノが選んだ大好きなハリウッドの時代は1969年でした。なぜこの年を選んだのでしょうか。理由は大きく2つあります。

一つは、この年が時代と映画の大転換点に当たるということです。

アメリカ国内では、ベトナム戦争は泥沼化し、前年にはロバート・ケネディとキング牧師が暗殺されています。

加えて公民権運動のさらなる隆盛など混沌とした時代でした。

社会的にも若者を中心にこれまでの古い価値観を否定するカウンターカルチャーが支配的になっていました。ヒッピームーブメントもその一つでした。

ハリウッドでは…

 ポスターFoundry Hollywood Boulevard SignブラックandホワイトB & Wフォトアートプリントby proframes 18x12 inches 293975

ハリウッドに目を向けると、本作にも描かれるようにテレビの時代を受けて映画は凋落していた時代でした。

カウンターカルチャーに影響を受けた若い監督らに活躍の場が結果的に与えられる状況が生まれました。

彼らは低予算でこれまでのハリウッド映画の文法をことごとく否定する作品を作りました。

この年のアカデミー賞ノミネート作品をみると一目瞭然でしょう。

「真夜中のカーボーイ」「明日に向かって撃て」「イージー・ライダー」「アリスのレストラン」「ワイルド・バンチ」「さよならコロンバス」。

いわゆるアメリカン・ニューシネマの傑作がずらりと並びます。

主人公は誰?

Quentin Tarantino's Once Upon a Time in Hollywood Original Motion Picture Soundtrack ヴァリアス・アーティスト

前述のような時代背景に乗せて本作の物語は進みます。

リックは時代の大転換に乗り遅れつつある往年のテレビスター。子役の少女に慰められて喜んだり、すぐに泣くような「陰でウエットな存在」。

片やクリフ。リックのスタントマンであるものの彼自身も仕事が無く今や運転手兼マネージャーのようなことをしています。

しかし戦争を経験してきた彼はどこか人生を達観している節があります。