注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ドクムシ(ネタバレ)】7人が選ばれた理由を徹底解説!「7」という数字から読み取れるものは?なぜレイジが生き残ったのか

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B01L2NP6WA/cinema-notes-22

2016年に公開された、web漫画を原作とする『ドクムシ』

監督は『クソすばらしいこの世界』で監督・脚本をつとめ脚光を浴びた朝倉加葉子氏です。

本作では、突然密室空間に閉じ込められた若者の極限の心理状態、はりつめた緊張感が生々しく描かれています。

なぜあの7人が選ばれたのか、「7」という数字の意味、そしてレイジが生き残った理由を今回は考察します。

7人が選ばれた理由とは

ラストで7人が緊急避難所に退避させられただけで、偶然集まった人たちだとわかりました。

しかし本当にそうなのでしょうか。

ここでは、7人が選ばれた理由や「7」という数字が何を示すのか解説していきます。

「7」は罪の数を表している

図解 世界一わかりやすい キリスト教 (中経出版)

「7」という数字や、本作のダークな世界観で「七つの大罪」を思い浮かべた人もいるのではないのでしょうか。

七つの大罪とは、キリスト教における教えの一つです。

七つの大罪は、「憤怒」「嫉妬」「暴食」「強欲」「傲慢」「色欲」です。

ラテン語や英語での意味は「七つの死に至る罪」だが、「罪」そのものというよりは、人間を罪に導く可能性があると見做されてきた欲望や感情のことを指すもの

引用元:https://ja.wikipedia.org/wiki/七つの大罪

レイジを除く、6人の死因と罪は、実はリンクしていたのです。

  • トシオ「憤怒」
  • ユミ「嫉妬」
  • タイチ「暴食」
  • ミチカ「強欲」
  • ユキトシ「傲慢」
  • アカネ「色欲」
  • レイジ「怠惰」

レイジは死んだ訳ではありませんが、最後まで行動を起こそうとしませんでした。

そのため、レイジには「怠惰」の罪が当てはまります。

つまり、7人が選ばれた理由は七つの大罪の罪にあたる過去や要因を持っていること

そして「7」という数字は七つの大罪を表していたのです。

「七つの大罪」は様々な物語で使われている

セブン (字幕版)

「七つの大罪」はハリウッド映画や日本のマンガなど様々な作品に登場します。

ハリウッド映画で代表的なものといえば『セブン』。

日本のマンガでいうと『七つの大罪』や『鋼の錬金術師』。

「七つの大罪」を題材や素材に使うことで、人間の負の側面をよりリアルに描くことができます。

本作でも密室空間に閉じ込められた男女が、「七つの大罪」に沿って破滅に陥る様が描かれています。

なぜレイジが生き残ることができたのか

最後まで人間不信と闘ったレイジ

ドクムシ : 1 (アクションコミックス)

レイジは最後まで、ユキトシの蟲毒の話を信じず、殺し合いを否定しました。

結果、レイジのみが生き残ることができたのです。

本作では、人を心理的に追い詰める様々な要因が見受けられました。

突然見知らぬ場所に連れてこられたこと、包丁や時間を示すものがあること、食料がないこと、蟲毒の話が出たこと。

これらの要因と登場人物たちのバックグラウンドにより、殺し合いが起きてしまったのです。

そんな異常な環境のなか、最後まで人間不信と闘ったのがレイジであり、唯一の生き残りとなりました。

レイジが警察の説明を受け入れられなかった理由

ドクムシ the ruins hotel : 1 (アクションコミックス)

レイジは生き残りましたが、最終的に精神を病みました。

それは、自分のしたことが受け入れられなかったからです。

レイジは蟲毒の儀式を認めませんでしたが、最終的に自らもアカネやユキトシを手にかけます。

レイジにとって、2人を殺すことは生き残るための最後の選択肢だったのです。

もしも、これが実際に蟲毒の儀式であったならば、レイジも正気を保てたかもしれません。

しかし事実は、ただ7人ともたまたま閉じ込められていただけでした。

それを聞いたレイジは、人を殺してまで生き残った意味や、殺し合いに全く意味がなかったことに気付いたのです。

本作のように、密室空間に閉じ込められてからの殺し合いを描く映画や物語は数多くあります。

邦画で代表的なものといえば『バトル・ロワイヤル』。

海外の作品でいえば、アガサ・クリスティーの『そして誰もいなくなった』。

けれども本作にはこれらの作品と決定的に異なる点があります。

それは誰かに意図的に閉じ込められた訳でも、殺し合いを仕掛けられた訳でもなかった点です。

しかし本当に、この7人は偶然閉じ込められたのでしょうか。

映画ではそのように説明されましたが、一方で観客の間では「蟲毒が行われていた」とする意見もあります。

その意見について解説していきます。

蟲毒は行われていたのではないのか

地震が原因で閉じ込められただけなのか

7人がたまたま閉じ込められただけだと明らかにされましたが、本当にそうだったのでしょうか。

閉じ込められた7人は誰もが七つの大罪に相当するようなバックグラウンドをもっていました。

たまたまそんな人たちが閉じ込められたとは考えにくいのです。

更に閉じ込められた人間の一人であるユキトシは、状況に合致する蟲毒の話を知っていました。

常人ではないバックグラウンドをもつ7人や、蟲毒を知るユキトシを考慮すると、ただの偶然とはいえません。

実は蟲毒は行われていた

中国最凶の呪い 蠱毒
実は、7人が蟲毒の儀式のために選ばれていた可能性も高いです。

助けに来た救助隊や状況を説明した警察も、蟲毒の儀式を行った組織とつながりがあった。

そのように考えると、更に本作がもつ謎にも深みがでます。

ユキトシが言ったように蟲毒の実験であったのか。

それとも救助隊や警察が説明したような、ただの災害による孤立であったのか。

この点に関しては観客の想像に任せられます。

観客の疑いを深めて作品により引き込まれるようにする監督の演出とも考えられます。

引き金となったユキトシの存在

殺し合いの引き金を引いたユキトシ

ドクムシ : 4 (アクションコミックス)

最後まで生き残ったのはレイジでしたが、今回の作品のキーマンともいえるのはユキトシです。

なぜなら、彼が蟲毒の話をしなければ本作での殺し合いは始まらなかったからです。

初めに殺人を犯したのはユキでしたが、そこから更に登場人物たちの疑心暗鬼の念は深まります。

密室空間での閉鎖感と、ユキトシの人間不信を煽る蟲毒の話が、本作の物語を作り上げたのです。

はたしてユキトシは蟲毒の話をただ知っていただけなのか。

それともユキトシは蟲毒の儀式を行うための組織から派遣された人間なのか。

劇中では、ユキトシは組織から派遣された人物として、ミチカを疑っていました。

けれども状況的に怪しいのはユキトシであり、ミチカを疑ったこともミスリードの一つだったといえます。

蟲毒を本当に信じていたのか

ユキトシが蟲毒の組織の側の人間という見方を提示しました。

一方、ユキトシが本当に蟲毒の話を知識として知っていた、という可能性も考えられます。

平気で嘘をつく姿や暴力性に満ちた姿。

ただ傲慢で、人が傷つくことに喜びを覚える人間なだけであったともいえるでしょう。

本作のラストは小説版のラストから“あえて”変えた

ドクムシ (双葉文庫)

『ドクムシ』の小説版のラストは、本作でのユキトシの推測通りでした。

つまり、ミチカが蟲毒の組織側の人間であり、ラスト一人となるまで殺し合いをさせようとしたのです。

ミチカ自身も、過去の蟲毒の儀式による生き残りでした。

原作を知っている人が本作を観れば、ユキトシの推理が披露された段階でオチがわかります。

あえてラストを変えることで原作を読んでいない人はもちろん、原作を読んだ人まで楽しめる作品としたのです。

むしろ原作を知っていた人の方が、ラストで裏切られる展開となるので、より楽しめたことでしょう。

過酷な撮影の裏側

KG カラテガール

本作の撮影は過酷なものでした。

ロケ地として実際の廃校を使い、更に日の光が入らない環境で早朝から深夜まで撮影をしました。

これにはアカネを演じた武田梨奈も、日の光を浴びることができず精神的に辛かったと答えています。

またユキトシを演じた秋山真太も、リアルに演じるため、ユキトシ同様一週間水しか飲まない生活を送りました。

そのため、撮影の最後では秋山がフラフラであったとレンジを演じた村井良大も明らかにしています。

本作は、ストーリーに明確な答えを出していません。

蟲毒の実験やユキトシの正体など、様々な考察ができることこそ本作の魅力だといえるでしょう。