注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【羅生門(ネタバレ)】芥川龍之介の原作との違いを解説!付け加えられたシーンに込められた監督の意図は?赤ん坊の示すものとは

https://www.amazon.co.jp/dp/B003NX4GRE/cinema-notes-22

世界に名だたる名監督、黒澤明の代表作『羅生門』

黒澤明監督はこの作品で世界に発見され評価されることとなりました。

日本では全く期待されておらず興行的にも振るわなかったにも関わらず、海外で絶賛されたのです。

日本映画として初めてヴェネツィア国際映画祭金獅子賞とアカデミー賞名誉賞を受賞し、黒澤明や日本映画が世界で認知・評価されるきっかけとなった。

https://ja.wikipedia.org/wiki/羅生門

ここでは原作となった芥川龍之介の原作と、その原作にないシーンの意図を解説していきます。

戦後日本を大いに勇気づけた本作品の魅力に迫ってみましょう。

原作は『羅生門』と『藪の中』

小ポスター、「羅生門」黒澤明監督作品、三船敏郎

映画のタイトルである『羅生門』はご存じ芥川龍之介の小説の名前です。

教科書に載っている小説なので読んだことがある人が大半でしょう。

「羅生門」と銘打っているのに内容が違うので戸惑った方もいるのではないでしょうか。

映画のメインストーリーは同じく芥川龍之介の小説『藪の中』です。

しかし小説と映画では大きな違いがあります。

原作との違い

C

細かな違い(侍烏帽子が落ちている・守り袋の有無)は多々ありますが、映画と原作小説との大きな違いは以下の三つです。

  • 物語が語られる場所が羅生門であること
  • 杣売りの視点が真実として描かれること
  • 赤ん坊の存在

以下で詳しく見ていきましょう。

物語が語られる場所が羅生門であること

羅生門

映画では、物語は雨の羅生門の下で杣売りと旅法師が下人に語りかける形を取っています。

原作では、検非違使の白洲で関係者が語ったことを書き取った調書のような形となっています。

原作小説は、淡々と書かれた調書を端然と並べた構成です。

小説の語り口は冷静さを感じさせ、そのあまりの怜悧さに鳥肌が立つほど洗練されています。

それに対して映画では、舞台は雨が降りしきる朽ち果てた羅生門の下です。

小説『羅生門』では盗人の業が生々しく描かれており、羅生門は人間の業の象徴であるといえます。

おどろおどろしい羅生門の下で語られる奇妙な話というのは、観客の覗き見根性を煽るような舞台設定といえるかもしれません。

杣売りの視点が真実として描かれること

羅生門 デラックス版 [DVD]

原作は金沢武弘(殺された侍)の証言で終わっています。

つまり真実は明かされないまま終わってしまうのです。

この小説に対するひとつの解釈として、黒澤明と橋本忍(黒澤と共同で脚本を制作した脚本家)が杣売りの視点を付け加えています。

人間の業の象徴である羅生門の下で語られるにふさわしい、泥臭く不格好で人間臭い真実となっています。

赤ん坊の存在

原作には赤ん坊はでてきません。

そもそも原作では、杣売りや旅法師は証言者として最低限の事実を述べるだけです。

杣売りや旅法師にキャラクターを与え人間性を持たせたのは映画のオリジナル要素といえます。

また、小説『羅生門』に出てくる下人を彷彿とさせる人物を登場させたのも映画の脚色です。

監督の意図とは?

黒澤明の羅生門 :フィルムに籠めた告白と鎮魂

以上に述べたように、映画『羅生門』には付け加えられたシーンが多々あります。

映画にするには脚本が短すぎたという単純な理由もありますが、それだけでしょうか。

黒澤明監督が原作にはないシーンを付け加えたのは何故でしょう。

黒澤監督が描きたかったもの

極限まで贅肉が削ぎ落された原作小説は、人間の臭みをそれほど感じません。

しかし映画では、登場人物は汗をかき泥に塗れ、声を張り上げて笑ったり泣いたりします。

この違いから浮かび上がるものは、黒澤は生身の人間に焦点を当てているということです。

対して原作小説は推理小説、あるいはサスペンスの要素に焦点を当てているといえるかもしれません。

原作は推理小説?

ただし小説『藪の中』を推理小説といってしまうと語弊があります。

なぜなら推理小説には厳密なルールがあり、小説『藪の中』はそのルールから逸脱した作品だからです。

しかし謎があり、推理のしようによっては解答が得られそうな謎解きの妙を得た作品であることは確かです。

小説『藪の中』が提示する謎は非常に深遠であり、さまざまな解釈が入る余地がある懐の深さがあります。

ひとつのストーリーとして純粋に優れている原作小説が骨だとすると、黒澤監督が映画で肉付けをしたのです。

黒澤明監督の肉付け

羅生門

鋭く冷たい魅力を持つ骨である原作小説を覆うために行われた黒澤監督の肉付けは文字通り非常に肉感的でした。

映画を観ていて気付いた方が多々いると思いますが、劇中にはなかなか露骨な暗喩が満ちています。

これも映画という表現手段ならではの、視覚的アプローチを効果的に使った黒澤明監督の手腕です。

あまり直接的な表現を使わないように注意しながら、簡単に解説してみましょう。

多襄丸の刀

真砂の顔がちらりと見えた後、多襄丸は刀をゆっくりと引き寄せます。

その時の刀がどのような形になったか、映画を観た方はお分かりでしょう。

多襄丸の持つ刀は、多襄丸の男性の象徴です。

最後の杣売りの回想では、多襄丸は背を丸め刀を手に力なくぶら下げて退散します。

二人の男の木

多襄丸が地面に寝転び寄りかかっていたのは見上げるような巨木です。

対して、金沢(殺される侍)が縛り付けられているのは切り株です。

木で男性性の大きさの違いを表しているのです。

散りばめられた暗喩

以上に書いたのはわかりやすい暗喩です。これを手がかりに、他にもいろいろと探してみてください。

垂紗から覗く女の顔とは何か、手籠めにするとはどういうことか、多襄丸がどうやって金沢を誘い出したか。

注意して観てみると、ここに書くのも憚られるようなことが映画の幕間から垣間見えるかもしれません。

映画『羅生門』は、見てはいけないものを見てしまう人間の性を浮彫にさせるのです。

杣売りの苦悩は、そして多襄丸の過ちは、見てはいけないものを見てしまったことに起因します。

彼らは「見るなのタブー」を犯してしまったのです。

見るなのタブー(みるなのタブー)は、世界各地の神話や民話に見られるモチーフのひとつ。何かをしているところを「見てはいけない」と禁止が課せられていたにも拘らず、それを破ってしまったために悲劇的な結果が訪れる、あるいは、決して見てはいけないと言われた物を見てしまったために恐ろしい目に遭う、というパターンをもち、見るなの禁止ともいう。

https://ja.wikipedia.org/wiki/見るなのタブー

人間には禁忌を犯したいという欲望が根源的にあるとされます。いわゆる「カリギュラ効果」です。

カリギュラ効果(カリギュラこうか)とは、禁止されるほどやってみたくなる心理現象のことをいう。例えば、「お前達は見るな」と情報の閲覧を禁止されると、むしろかえって見たくなる心理現象が挙げられる。

https://ja.wikipedia.org/wiki/カリギュラ効果

この映画は隠された欲望を暴く映画であり、私たちはこの映画を観ることで「見るなのタブー」を間接的に犯しているといえるのです。

赤ん坊の示すもの

藪の中
以上で見てきた通り、この作品は人間の汚い部分をまざまざと描き出しています。

そんな映画のラストで何の脈絡もなく登場したのは、赤ん坊です。

赤ん坊は先述した通り原作には何の記述もありません。完全に映画のオリジナルです。

それでは、黒澤監督は何故赤ん坊を映画のラストに配置したのでしょう。

なぜ赤ん坊は捨てられた?

欲に塗れた人間の汚い部分を浄化し鑑賞後の気分を上向かせるためでしょうか。

未来への希望を象徴させるためでしょうか。

唐突で安易な思惑に思えますが、その可能性がないとはいえません。むしろその可能性は高いと思います。

しかし、以下のように考えると、人間の業を描いた映画『羅生門』の結末にふさわしいかもしれません。

あの赤ん坊を捨てたのは誰?

あの赤ん坊を捨てたのは、杣売りだったのではないでしょうか。

最後に赤ん坊を抱えて帰っていったあの杣売りです。

そう考える根拠は二つあります。

まず一つは、杣売りが過剰に戸惑っている様子であること。もう一つは守り袋です。

杣売りは最初から戸惑っており落ち着きがなく感情の起伏が激しい様子でした。

いくら不思議な話を聞いた後だからといって、あの思い詰めた様子は異常です。

杣売りは、自分のしたこと=赤子を捨てることが本当に正しいことなのか、それがわからなくて混乱していたのではないでしょうか。

「わからねえ」と執拗に繰り返す杣売りは、赤子を捨てるか捨てないか、迷っていたのではないでしょうか。

赤子を覆っていた着物を下人に取られ、赤子がこのままでは死んでしまうと目の当たりにした杣売りは赤子を育てる決心をします。

迷いから解放された後は、晴れ晴れとした顔で羅生門をあとにしたと考えられないでしょうか。

もう一つの根拠は、赤ん坊と一緒に置かれていた守り袋です。

この守り袋というアイテムは、原作には出てきません。映画でわざわざ付け加えられているのです。

映画では、犯行現場に残されていたものの一つとして守り袋がありました。そしてもう一つの守り袋は赤ん坊が携えていました。

第一発見者として守り袋を見つけた杣売りを指し示すように、赤ん坊が持っていた守り袋。

杣売りが赤ん坊を捨てていたとしたら、旅法師が赤ん坊と杣売りに見出した希望はとんだ茶番です。

旅法師は欺瞞に満ちた世の中に騙された哀れな人間になってしまいます。

考えすぎかもしれません。果たしてあの赤ん坊は何だったのか。

謎は謎のまま、藪の中の真実のようにわからないままです。

偉大なる金字塔『羅生門』

藪の中・羅生門 (ホーム社漫画文庫)

夭折の天才芥川龍之介の小説を元に、戦後の日本映画界を牽引する黒澤明監督が製作した映画『羅生門』。

謎に彩られた筋書きは多様な考察を包摂する幽玄を有しています。

また、この映画の良さは原作・脚本の妙だけではなく、黒澤監督特有の映像美や構図など多岐に渡ります。

『羅生門』は日本が生んだ天才が世界に認められた作品です。

この解説を読んだ後で、原作も合わせてもう一度鑑賞してみるのもいいかもしれません。

あなただけの藪の中の答えが見つかるかもしれませんよ。