注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【ジョーズ3】ブロディを継ぐマイクの意志を徹底考察!人工飼育が鮫に与えた影響とは?おとりとなったフィリップの決意に迫る

SF ジョーズ3

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B001FO0UA0/?tag=cinema-notes-22

一世を風靡した人食いザメによるパニック映画『ジョーズ3(原題:JAWS3-D)』。

時代を越えても色あせない、元祖サメ系パニック映画はやはり見ごたえがあるものでした。

本作から、JAWSシリーズの主人公であったブロディは引退し、息子のマイクが主人公となっています。

マイクは父親が危険視してきた海に関わる仕事をしていますが、マイクがブロディから受け継いだものとは何でしょう。

さらに、作中では人工飼育によって子ザメを飼育しようとしましたが、結局死んでしまいました。

人工飼育は、サメにとってどんな影響のあるものなのでしょう。

そして、カメラマンのフィリップは自分が「生餌」となって、母ザメを引き寄せます。

危険であることを承知して、この行為に出た決意の裏側とは何だったのか。今回はこれらについて考察します。

JAWSシリーズ過去作より

マーティン・ブロディから、主人公が息子のマイケル・ブロディ(愛称:マイク)に変わった本作。

父親は警察署長でありながら、海の危険さを良く知る人物でした。

では、息子のマイクは父のこれまでを見て、何を思い水族館の施設エンジニアをしているのでしょうか。

マイクはこれまでにもサメに襲われている

ジョーズ [DVD]

父親のマーティンは、誰よりも海の怖さ、とくにサメの怖さを知っています。

何といっても『ジョーズ』『ジョーズ2』で、二度もサメの襲撃を経験しており、二度目では、息子たちを失いかけたからです。

だからこそ、海に対する恐怖心は人一倍持っていますが『ジョーズ2』でサメに襲われた、マイクは全く海を怖がっていません。

つまり、マイクはサメに襲われるという恐怖体験を持ちながらも、それがトラウマになることはなかったのです。

その図太い神経は、ある意味父親を反面教師にしているというところでしょう。それは、弟との対比にも表れます。

弟のショーンは「おやじ似」

ジョーズ2 [DVD]

父親を反面教師とし、海に近い場所で勤務するマイクですが、弟のショーンはその反対に位置する存在で表現されています。

弟も『ジョーズ2』で、サメの襲撃を経験しており、この経験はショーン「には」トラウマものの経験となりました。

昔アミティでサメに襲われた。それで今はコロラドに。島育ちだというのにさ。おやじ似なんだ。

引用:ジョーズ3/配給会社:ユニバーサル映画

弟は「おやじ似」とマイクは語ります。つまり、この場面ではマイクに対して、ショーンを対比させているのです。

対比の内容は、マイクはマーティンとショーンと比べて、海に対する恐怖心を全く持っていないということ。

弟のことを語るマイクの言葉をひっくり返した内容が、マイクという人柄に当てはまるのです。

マーティンから譲り受けたもの

マイクがマーティンの対極に位置する人物といっても、やはり親子であり、マイクは父親から受け継いでいるものがあります。

それは、危機察知能力でした。

父親の行動も早かった

ポスター/スチール 写真 A4 パターンD ジョーズ (1975) 光沢プリント

作中マイクは、彼女である生物管理担当のキャスリン・モーガンよりも、サメの恐怖を物語っていました。

人食いザメの安否が話題になって、飼育中の私たちの写真が毎日世界中のマスコミを飾るわ

引用:ジョーズ3/配給会社:ユニバーサル映画

これは子ザメを捕獲したときの、キャスリンのセリフです。このセリフに対して、マイクは飼育することの危険性を訴えます。

その訴えは、現実となって人々を襲いました。

サメに対する危機察知能力は、作中の誰よりも早く的確であることは、父親が2度もサメの危険に遭遇したことから学び取っているのです。

海は好きだが危険を知っているから開発側へ

Geminismart 海洋動物 生物 サメ リアル 魚類 フィギュア PVC モデル プラモデル おもちゃこどもサメ好きの誕生日 プレゼント オリジナル インテリア 6歳以上(シロナガスクジラGreat White Shark)