人が人を思う力の凄さと尊さを若い颯香と鮎美が自然に理解するくだりは、押しつけがましを排除した素晴らしい演出といえます。