出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B01CGEE9XQ/cinema-notes-22

レインツリーの国」は2015年に日本で公開された恋愛映画です。

小説家の有川浩が原作を手掛け、2007年にはラジオドラマも制作されています。

主演は人気アイドルグループ「Kis-My-Ft2」のメンバーで、本作が映画初主演となった玉森裕太

ヒロイン役は女優、歌手としても活動する西内まりや

監督を務めたのは、映画監督としでだけでなく数々のドラマのプロデューサー・演出としても活躍する三宅善重

本作と同じく有川浩原作の「県庁おもてなし課」や「阪急電車片道15分の奇跡」でも監督を務めています。

本作の内容は、ブログを通して出会った男女の交流。

ヒロインは難聴であり、それ故に生まれる隔たりを現実やメールでのやり取りを経て二人が互いに寄り添っていく過程が描かれていました。

映画のラストで主人公の向坂伸行は、ヒロインの人見里香に髪を切ることを提案します。

この記事では、伸行がこの提案をした意味。

及び、里香が補聴器を隠していた理由、帰京した後伸行の見送りを里香が一度断った真意を考察します。

伸行の提案の意味

突然、里香に髪を切ることを提案した伸行。その真意はどこにあったのでしょうか。

自分を隠すことをやめて欲しかった

すきバサミ 6.0インチ・ 18目・スキ率(15%+)日本440C炭素鋼 プロ・初心者 最後の微調整に

伸行が里香に髪を切ることを提案したのは、里香に自分を隠すことをやめて欲しかったからです。

里香は耳の補聴器を、長い髪の毛で隠していました。それは、里香が自分が難聴者であることを知られたくないことが理由です。

しかし、そのために様々な軋轢を周りと生むことになりました。

伸行と最初に出会った時も、里香が難聴者であると伸行が気が付かなったために気まずい雰囲気で二人は分かれています。

難聴者であることを隠し、自分を主張できないため里香は会社でも嫌味を言われるなど肩身の狭い思いをしています。

そんな状況を変えるには、周囲に自分を隠さずにさらけ出すこと。その第一歩として外見から変えてみる。

それを里香にしてもらいたくて、伸行は髪を切ることを提案しました。

母親に花道を飾って欲しい

 散髪 はさみ ヘアカット すきバサミ プロ用高級シザー ハサミ2本セット【カットバサミ・すきバサミ】 ヘアピン くし 理容師 初心者 家庭用 子供の散髪 セフルカット 専用ケース付き (シルバー)

もう一つの理由が、もうすぐ美容師の仕事をやめる母親に花道を飾って欲しかったという気持ちです。

父親が病気になってから、ずっと女手一人で店を支えてきた母。

母と離れて暮らす伸行にとって、最愛の人が変わるきっかけを母が飾ることはこれ以上ない母への花道でした。

また自分にも、母にとっての父がそうであったように最愛の人ができた。安心して欲しいという伸行の親孝行の気持ちもあった。