またストーリーだけに留まらず、極彩色の美しい蜷川実花ワールドは何度観ても飽きの来ない芸術作品といえるでしょう。