注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【王様ゲーム(ネタバレ)】王様の正体が分からぬまま結末を迎えた理由を徹底解説!誰の呪いか明かさない原作者の意図に納得必至

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B0073OG2DA/cinema-notes-22

『王様ゲーム』は2011年に公開したホラー映画です。

原作は金沢伸明による携帯小説で、モバゲータウンで公開されました。

モバゲータウンでの総閲覧数が4000万を突破する快挙を達成し、原作のシリーズは8作にわたる大作です。

原作の大ヒットから、その後小説や映画なども制作されました。

今回は、本作で王様が判明しないまま結末を迎えた理由や呪いが誰のものかを明かしていない原作者の意図に迫ります。

実は、智恵美は王様ではない

智恵美はあくまで呪いを受けた存在

王様ゲーム 通常版 [DVD]

結論からいうと、智恵美は王様ではありません。

本作では、王様が誰であるかは最後まで明言されません。

しかし、原作を知らない方は「智恵美が王様なのか」という疑問で終わってしまいます。

まず智恵美が王様だと思われる理由は以下の3点です。

  • 本作での重要人物である伸明と莉愛が智恵美が王様だと考えたこと。
  • 最初の王様ゲームが開催された場所が、智恵美の母の故郷であること。
  • 智恵美が自殺したにも関わらず、半年後に生き返っていたこと(または死んでいなかったこと)。

この3点から「結局王様は智恵美だったのか」と思われます。

しかし初めにも書いた通り、智恵美は王様ではありません。

智恵美も他の生徒同様に、王様からの罰を与えられています

智恵美の罰とは「死ねないこと」「智恵美の行く先で王様ゲームが始まること」です。

これは智恵美自身のせいで大切な人を永遠に苦しめてしまうという呪いなのです。

そもそも智恵美はなぜ自殺しようとしたのか

智恵美が自殺しようとした理由は、自分が生きている限り王様ゲームが繰り返されると考えたからです。

そのため、自分が死ぬことで王様ゲームを終わらせようとしました。

しかし王様の罰により死ねないため、また王様ゲームが繰り返されるのです。

最後に映ったシーンで智恵美に変わった様子はありませんでした。

これは王様の記憶を操作する力により、智恵美が王様ゲームの記憶を失っているからです。

なぜ本作で王様が明かされなかったのか

続編への可能性を残すため

王様ゲーム 通常版 [DVD]

王様の正体を明かさなかった理由は、本作の続編を制作する可能性を残したから、といわれています。

『王様ゲーム』と同じくヒットした携帯小説『恋空』も、映画化後にテレビドラマ化もしています。

本作も続編を制作するために、王様が誰なのか、という重要な要素を残したのではないかといわれています。

また、本作は原作シリーズの1作目を題材としています。

しかし王様の正体が明かされるのは、シリーズ2作目『王様ゲーム 終極』です。

そのため、映画の尺を考えると王様の正体という要素を入れられなかったのでは、といわれています。

なぜ莉愛は王様に消されたのか

王様ゲーム 通常版 [DVD]

本作で最も王様の真実に近づいた登場人物として莉愛があげられます。

莉愛は王様ゲームのゲームではなく、直接王様に消されることになりました。

理由は、王様ゲームの真実に近づき過ぎたからです。

莉愛はクラスメイトが消えていくなか、一人冷静に王様の存在について考察しました。

独自の調査で、王様ゲームが初めに行われた場所や智恵美の存在を突き止めます。

莉愛にとっては謎解きの一つだったのですが、王様にとって真実を暴かれることは避けたいことだったのです。

なぜ原作者は誰の呪いかを明かさなかったのか

智恵美にかけられた呪いは「死ねないこと」と「智恵美の行く先で王様ゲームが始まること」です。

本作でも、智恵美がいたから王様ゲームが始まったのです。

最後のシーンでも、智恵美が転校した学校で、メールの受信音が鳴って映画が終わります。

このことから、智恵美が行く学校では王様ゲームが始まることがわかります。

では、なぜ智恵美はこのような呪いにかけられたのでしょうか。

智恵美が呪いを受けるきっかけは父だった

王様ゲーム 終極 (双葉文庫)

結論からいうと、智恵美がもつ呪いの起源は本作では明らかにされていません。

なぜ明かされていないのか。

なぜなら原作では、智恵美の呪いは智恵美の父が原因だったからです。

本作では智恵美の父は登場していないうえ、智恵美が王様だというミスリードもありました。

智恵美が王様で、一方智恵美の呪いの原因が智恵美の父親だと観客も混乱すると考えられました。

混乱を防ぐために呪いの起源を明らかにしなかったといわれています。

原作で明らかにされる智恵美の呪い

智恵美の呪いについては原作のシリーズ1作目で語られます。

しかし肝心の智恵美の父がなぜ王様の罰を受けることになったのか。

それはシリーズ5作目の『王様ゲーム 起源』で語られることになるのです。

映画と原作は結構違う!

大きく異なる3点

王様ゲーム 起源 コミック 全6巻完結セット (月刊アクション)

本作はシリーズの1作目を題材に制作されました。

大まかなストーリーは同じですが、大きく異なる点が3つあるのでご紹介します。

  • 映画版の主人公が智恵美であること。原作の主人公は伸明
  • 映画版では王様の命令や命令違反で存在が抹消されるが、原作では何らかの死因がある
  • 映画版では智恵美の父の話が出てこない

設定としてはこの3点が大きく異なりますが、この設定により映画版と原作で物語も大きく変わりました。

全く違う衝撃のエンディング

映画版と原作の主人公が異なることによって、エンディングも大きく変わりました。

ここからは原作のネタバレを含みます。

映画版では伸明が、智恵美を王様と断定し殺そうとしますが、逆に殺されました。

そしてエンディングでは、生き残った智恵美が他校にいる姿が映し出されます。

しかし原作では、智恵美が自身のせいで王様ゲームが始まったことを告白しました。

その告白を受け、伸明は智恵美を王様と思い込んで智恵美を殺し、唯一クラスの中で生き残ります。

生き残った伸明に王様ゲームを続けるか罰を受けるか、というメールが届きます。

王様が智恵美でないこと、王様がまだ存在していること。

この二つを知った伸明は、クラスメイトの仇を討つためゲームを続けることを選びます。

他にも細かい設定で異なる点があります。

原作では智恵美と伸明が恋人であったり、莉愛が直也のことを好きだったりなどします。

携帯小説から多数のメディア化

『王様ゲーム』は映画だけじゃない

王様ゲーム (双葉文庫)

携帯小説からスタートして人気となり、映画化された作品はいくつもあります。

その代表的なものが『恋空』でしょう。

映画化もされ、三浦春馬と新垣結衣という当時もっとも勢いのある俳優を起用したことも話題となりました。

『王様ゲーム』も『恋空』と同様に、携帯小説から大ヒットしました。

『王様ゲーム』は映画化されただけではありません。

小説やマンガ、それにテレビアニメ版も制作されるほどの人気となりました。

作品によって物語や、細かい設定に違いがあります。

どの作品を観ても新鮮に楽しめ、そして見比べてみると作品の新しい見方が生まれるかもしれません。

人気アイドルの起用

完熟Berryz工房 The Final Completion Box(通常盤)

本作が話題となった理由の一つにアイドルの起用が挙げられます。

2015年に活動を休止した、つんく♂プロデュースのBerryz工房。

そして、2005年から2017年まで活動していた人気アイドルグループ℃-uteのメンバーが総出演しています。

当時の人気アイドルを映画に起用することは、よくあることです。

しかし、アイドルのメンバーを全員起用することはあまりなく、作品以外の部分でも注目を集めました。

事件の鍵を握る夜鳴村の学校のロケ地は?

王様ゲーム The Animation

本作の鍵を握る場所、王様ゲームが始まった場所とされる夜鳴村。

本作の設定では、かつて学校のクラス全員が消え去った村となっています。

この夜鳴村にある学校のロケ地は、静岡県の小山町に位置します。

この場所にある廃校は、ドラマや映画のロケ地として知られているので、他の作品でも見かけることがあるかもしれません。