このダイヤの運命を考えながら「オーシャンズ8」を観直してみると、また違った視点で楽しめるのでは、と思います。