注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【アンフレンデッド(ネタバレ)】自殺動画に映る女性の仕草の意味を徹底解説!動画の撮影者は誰?ローラの当初の計画に迫る

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B01N7EYZHV/cinema-notes-22

パソコンの画面上で物語が進んでいくスタイルがリアルな恐怖を感じさせる作品として話題となった作品、アンフレンデッド

この作品に登場するのはスカイプやiMessage・Facebook・YouTubeなど、現代の若者が日常的に利用しているツールです。

そこに自殺したはずの友人が現れることで、日常から恐怖のどん底へ追い込まれる登場人物たちを描いた現代的なホラー作品となりました。

ここでは自殺した友人・ローラが自ら命を絶つまでに追い込まれる原因となった動画や、登場人物との関係を掘り下げます。

そして、死んだはずのローラが現れた真の目的について考察していきましょう。

ローラは実在する

アンフレンデッド [DVD]

SNSでのいじめを苦に自殺したローラですが、彼女のモデルになったと思われる少女がいます。

アマンダ・トッド

2012年にいじめを苦に自殺したカナダの少女、アマンダ・トッド

彼女は中学1年の時にチャットを始め、そこで知り合った人に容姿を褒められました。

そして次々と浴びる甘い言葉達に気分をのせられた彼女は、軽い気持ちでトップレスの姿を見せてしまいます。

しかし、その後に自宅や学校を特定され、トップレスの写真をばら撒かれてしまいました。

それを発端に彼女は学校やSNS上でいじめを受けることとなってしまいます。

転校をしても状況は変わらず、自傷行為や自殺未遂を繰り返した末に、最後は自殺が原因で帰らぬ人となりました。

動画の引用

主人公・ブレアへ恋人・ミッチが送ったYouTubeリンクにローラがカードをめくりながらいじめを告発する動画があります。

その動画はアマンダが死の直前に投稿した動画と酷似しているのです。

アマンダの動画は当時、何百万再生もされニュースでも取り上げられる程大きな話題となっていました。

これはローラ=アマンダという印象を引き出し、リアルなイメージを引き起こさせるためのものだったのではないでしょうか。

アマンダとローラの共通点

大人の色気はコレ! 【チアガール コスプレ衣装】 チアリーダー 文化祭 結婚式 新年会 忘年会 に TKS-13 (M)

アマンダは学校でチアリーダーに所属する人気者だったそう。

ブレア達はスカイプでアメフト部との関わりをほのめかす会話をしていました。

そこから、ローラやその友人であるブレア達も学校ではスクールカーストの上位に位置しているのではないかと推測できます。

そんなきらびやかな生活から、一変してしまう姿はアマンダとの共通点といえるでしょう。

ローラを苦しめ、自殺へ追いやった原因

アンフレンデッド [DVD]

今作品はローラが自殺する動画とそのネット記事のシーンから始まりますが、それは第三者の言葉。

実際にローラがどんな苦しみを受けていたのかは、作中の描写から読み取ることができます。

ネットにアップされた動画

iPhone 11 Pro Max クリアケース

まずは事の発端となった、泥酔したローラが脱糞してしまっている動画。

動画の前半にあるヴァルとのやり取りや仕切り具合からも、彼女を中心にパーティーが盛り上がっているような印象を受けます。

他の登場人物に比べても彼女は美人で垢抜けた印象がありますし、ヒロイン的なポジションだったのではないでしょうか。

そんな学校の中心的な存在からいじめられる存在へと落ちてしまったローラ。

これまで自分に優しい言葉をかけてくれた人たちから次々に罵声を浴びせられ、絶望を味わう日々だったはずです。

心無いメッセージ

ヴァルの死の直前、動画を削除して欲しいとお願いするローラとヴァルのやり取りが明らかになります。

ヴァルがローラに「死ねば?」と返していることから、ヴァルのその一言が彼女を最終的に追い詰めたのでしょう。

泥酔動画ではローラはヴァルにはかなり強く出ていましたが、その姿が逆転したような描写です。

バカにしていたような相手から、虫けらのように扱われることはローラにとっては耐え難いことだったのかもしれません。

また、削除して欲しいとお願いしていることからも、ローラは当時ヴァルによって動画が投稿されたのだと思っていたのではないでしょうか。

誹謗中傷

ブレアは親友でありながらローラの泥酔動画へ誹謗中傷のコメントを残していました。

そのことをローラに問われた際、言い訳としてみんながやっていたから冗談のつもりだったことを告白します。

ブレアが言った、“みんな”というのは普段から仲のいいグループだと思われる、このスカイプのメンバーを指しているのではないでしょうか。

暴露で明らかになる様々な関係性や事柄から、このメンバーは日頃からかなり自分勝手な人物たちであることが描かれています。

だからこそ、ローラはこのスカイプに現れ、次々に復讐を行なっていったのでしょう。

ローラの仕草から読み取る撮影者へのヒント

アンフレンデッド [DVD]

物語の最後には、問題のローラの動画を撮影した人物はブレアだったことが明らかになります。

しかし、それ以前に動画の撮影者を予想できるポイントがありました。

動画内で、安心した様子で寝ているローラはしーっと口元で指を立てる仕草をしています。

これは普段から親しい間柄の人物に声をかけられたからなのではないでしょうか。

物語の前半からブレアは彼女の幼馴染であることを話しているので、ローラに一番近い人物だということがわかります。

そんな彼女が相手だったからこそ見せたあの表情、仕草だったのではないでしょうか。

だからこそ彼女がこの事件の発端だったことへの驚きが生まれますが、そこに復讐の真の意味を知るポイントがあるのです。

ローラの真の目的

アンフレンデッド [DVD]

1年前に死んだはずのローラが現れた理由。それは自分を苦しめた者への復讐に他なりません。

次々といじめに関わった友人に復讐を果たしていきますが、この計画は全てブレアのために用意されたものだったことが読み取れます。

ブレアにだけ送られるメッセージ

スカイプのグループ通話に現れたbillie227はブレアにだけ個別でメッセージを発信し続けています。

そのコメントの数々はスカイプ上で発する発言よりも明らかに人格を感じる言葉です。

それは、ブレアへ伝えるべきメッセージがあるからだと推測できます。

一番の絶望へのシナリオ

当初はローラからのメッセージをブレアだけが受け取ることで、復讐の協力をしているような描写をみせていました。

しかし、最後に撮影者がブレアだと分かることで、彼女が原因で友人や恋人は命を落とすことになったのだという側面がみえてきます。

そこにこの物語の一番の絶望と恐怖が描かれているのではないでしょうか。

ブレアに伝えたかったこと

アンフレンデッド [DVD]

では、ローラがここまでブレアに恐怖と絶望を味わわせて復讐するに至った思いとはどんなものだったのでしょう。

裏切りへの怒りと悲しみ

ローラがブレアへこれほどの復讐をしたのは、やはり親友からの「裏切り」に対する怒りです。

物語の終盤に、ブレアは自分たちが姉妹のように仲のいい親友だったことを訴えます。

しかし、そんな親しい相手だからこそ自分を追い詰めたことが許せないと思うのでしょう。

最後のブレアの弁明はむしろ逆効果のような言葉たちです。そして、同時に裏切りへのやるせない悲しみがうかがえます。

曲の引用

ローラの悲しみは言葉では一切表現されていません。

しかし、ミッチの死後に流れたKatie Herzig「I Hurt Too」の歌詞にローラの真の意図が全てが詰まっているのです。

When you’re weary
And haunted
And your life is not what you wanted
When you’re trying so hard to find it

When the lies speak the loudest
When your friends are starting to leave
When you’re broken by people like me

I hurt too, I hurt too

引用:I Hurt Too / 作詞:不明 作曲:不明

まさしく、この日のブレアの状況と一致しているのではないでしょうか。

突如現れたローラや次々に明らかになる友人間の秘密に混乱しながら、画面越しに友人や恋人を失っていったことを暗に示しています。

ただ、これはローラのこととも置き換えられるのです。

彼女は動画をきっかけにいじめに苦しみ、さらには親友だと思っていたブレアや友人達もいなくなってしまいました。

この曲を再生させることで、自分が味わった苦しみや悲しみに気付いて欲しかったという悲痛な叫びが読み取れます。

傷つき、苦しむんだ人へのレクイエム的に流れるこの曲は、行き場のない悲しみを観るものに訴えている様です。

現代ならではのリアルな恐怖

最新モデル Apple iMac (27インチ, Retina 5Kディスプレイモデル, 3.0GHz 6コア第8世代Intel Core i5プロセッサ, 1TB)

SNS上でのいじめは直接相手を目の前にしない分、よりいじめている側は相手の苦しみが伝わりづらくなっています。

現実ではない、ゲームのような感覚になってしまいがちです。

それがまさしくブレアたちの状況だったといえるでしょう。

匿名で発言することが容易な現代では、SNS上に心無い言葉が溢れており、それを目にする機会も多くあります。

だからこそ、この作品はいつ自分の身に起こってもおかしくない、リアリティを持った恐怖を感じさせてくれるのではないでしょうか。