注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【007は二度死ぬ】ジュピターを捉えた飛行物体の正体を考察!何故日本の近くに着陸した?作中で007が「二度」死ぬ理由とは

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B000IU38K6/cinema-notes-22

映画『007は二度死ぬ』はショーン・コネリー演じる最後のジェイムズ・ボンドとなった作品です。

故に興行成績も高く、シリーズとしては初期作品の集大成に当たるのではないでしょうか。

ルイス・ギルバート監督の下作られた本作は何よりも日本を大々的に舞台にしているのが印象的です。

キャストでもボンドガール役の浜美枝をはじめ若林映子、丹波哲郎と日本人スターが出ています。

ある意味異色作ともいえる本作ですが、今回はジュピターを捉えた飛行物体の正体を考察していきましょう。

また、飛行物体が日本の近くに着陸した理由、そして007が「二度」死ぬ理由も併せて見ていきます。

海外から見た日本

英語でガイドする日本――海外ゲストが行きたい西日本の名所

本作を考察していく前に、一つ大きな特徴になっているのは“海外から見た日本”です。

旅館や着物は勿論のこと日本版スパイの象徴である「忍者」まで登場し、何とも時代錯誤に見えます。

これは一種の幻想化された日本で、風景こそ高度経済成長期の現代的な日本ですが中身はかなり荒唐無稽です。

特に忍者道場のシーンで空手と剣道が混同されているくだりは当時基準でも設定考証が適当にも程があります。

今なら確実に許されないであろう描写が受け入れられていたのですから何とも大らかな時代性でありました。

そんな海外から見た日本像とのギャップを楽しみつつ本題の考察に入っていきましょう。

ジュピターを捉えた飛行物体の正体

宇宙の外国の怪物は、未確認飛行物体 クロススクリーンクリーナー2本スエードファブリック洗浄

本作で冒頭から終盤までを引っ張った求心力がジュピターを捉えた飛行物体の正体です。

アメリカとソ連を悉く阻害してきたこの飛行物体は何を目的に動いていたのでしょうか?

あらすじを追いながらじっくり考察していきましょう。

スペクターの差し金

レゴ(LEGO) シティ 超巨大ロケットと指令本部 60228 ブロック おもちゃ 男の子

結論からいえば、謎の飛行物体の正体は犯罪組織スペクターの差し金で発車したロケットでした。

しかも巧妙に日本の南端にあるアキ島の火山に秘密基地を作って偽装していたのです。

冒頭でボンド達が形の上で”死ぬ”ことになったのもそれに巻き込まれたからに他なりません。

余りにも手口が巧妙であるが故に終盤にならないとその全容が見えてこない構造になっています。

これでは見当がつかずUFO辺りと似た扱いにされても不思議ではないでしょう。

首領の正体と目的

人生の目的論

二つ目に挙げられるのが首領の正体と目的で、何よりも大事なのはここでしょう。

首領の正体はブロフェルドだったのですが、その目的はアメリカとソ連のカプセル奪取でした。

やり方としては非常に回りくどいのですが、こうすることで両国の疑心暗鬼を生じさせるのです。

そして最終的にはどうやって両国の全面戦争を引き起こすか?に重点を置いていました。

当時は冷戦まっただ中ですからいつこのような戦争が起こるか分かったものではありません。

ジャパニーズ忍者

Sushi-Ninja 忍者ステッカー ★ 寿司手裏剣 ★ 大きめ15cm (白地丸型ステッカー)

そしてここで面白いのが日本版スパイの象徴である“ジャパニーズ忍者”です。