注目キーワード
  1. 映画
  2. シネマ
  3. 洋画
  4. 邦画

【検察側の罪人(ネタバレ)】最上がハーモニカを持っていた意味を徹底解説!インパール作戦のエピソードが追加された理由とは?

出典元:https://www.amazon.co.jp/dp/B07K8Z5144/cinema-notes-22

人気小説を映画化した本作。木村拓哉さんと二宮和也さんがタッグを組むという事で浮かれちゃった女子も多いかもしれません。

ですがその中身は重厚で見応えある作品です。

浮かれるのではなく、(緊張感と恐さのあまり)浮き足立ってしまうような作品です。

そんな映画『検察側の罪人』は、誰もが正義について考えさせられる作品です。

正義とは

検察側の罪人

テレビのヒーロー物を楽しむ子供にとって、「正義」は理解しやすい簡単なものでした。

主役が正義、ヒーローと敵対する敵は悪。ヒーローは正義の為に悪をやっつける、シンプルです。

しかし、大人は年を取るにつれて、敵にも同情すべき過去があったり、かわいい家族がいるかもしれない事を知ります。

物事を多面的にとらえるようになります。果たして本当に敵は悪だったのでしょうか?

検察側の証人

検察側の証人 (ハヤカワ文庫―クリスティー文庫)

アガサ・クリスティのミステリー小説に、『検察側の証人』という名作があります。

さだまさしさんの作品で、これをモチーフとした同名の歌もあります。

雫井脩介さんの小説『検察側の罪人』のタイトルも、クリスティの小説がもとになっているのでしょう。

雫井さんが、さださんの歌を御存知かはわかりませんが、クリスティの作品から、さださんと似たようなインスピレーションを得たのではないかと想像できます。

すなわち、「真実を暴くのは難しい、何が正しいかを判断するは難しい」というような事。

一つの物事は見る角度によって全く違ってくるのです。

正義は一つではない

正義への責任

最上の正義

前半の最上(もがみ)は、ヒーロー物の主人公のようです。「法律」という名の剣を武器に華麗に戦ってきたのでしょう。

ヒーローものではヒーローが正義です。悪者は懲らしめなくてはいけません。

こう書くと、彼の正義は間違ってなさそうな気がします。

沖野の正義

最初は最上に憧れ、共にヒーローへの道を歩もうと思っていたかもしれません。彼の右腕として活躍していました。

しかし、最上は罪を犯しました。罪を許す事は正義ではありません。袂を分かち対立します。

こう書くと、沖野の正義も間違ってなさそうな気がします。

正義いろいろ

【チラシ付き、映画パンフレット】 検察側の罪人

つまり「正義は人によって異なる」ようです。正義は、時代によっても異なります。例えば殺人です。

現代の日本人で「殺人は正しい」と表立って言う人はいません。けれども戦争では勝つ事が必至とされます。

人を多く殺す事が正しい事になってしまうのです。勝つ為だったら、なりふり構わない。

だから「インパール作戦上等!」なんていう極端な事になってしまったのです。

インパール作戦

インパール作戦の真実 牟田口廉也司令官の霊言 単行本

インパール作戦とは

最上の祖父と諏訪部の父は、共にインパール作戦の生き残りという設定になっていました。

インパール作戦とは太平洋戦争の際に日本軍がインパール(インド北東部)攻略の為に実行した作戦です。

補給が出来なかった為、撤退時に飢え死にしてしまう人が続出し、遺体が連なった道は「白骨街道」と呼ばれました。

参戦した日本兵の約9割が亡くなったようです。Wikipediaにはインパール作戦について、こう書いてあります。

無謀な作戦の代名詞として現代でもしばしば引用される

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/インパール作戦

負の連鎖

上層部の決めた無謀な作戦のせいで理不尽な辛苦をなめた祖父を思えば、上層部に上り詰めた最上が自分のおかしな行動のせいで下の人達に迷惑がかかる事は慎みそうなものです。

ですが、結局「理不尽な事」をやってしまうのが皮肉。「イヤだ、避けたい」と思っている事をなぜか繰り返してしまう呪いのような不思議さ。

自分の正義・自分のストーリーに固執する検事は犯罪者に墜ちる」と新人に警告していた最上の言葉は、まるで予言です。

「そうなってはいけない」と厳しく自戒していた筈なのに、自身が墜ちてしまいました。

部活でいじめを受けて嫌な思いをした後輩が、先輩になったら後輩をいじめてしまう。

虐待を受けた子供が、なぜか大人になったら自分が虐待する側になってしまう。

こういった恐ろしい連鎖と通じるものがあるのでしょうか?

「勝つ為だったら、なりふり構わない」という姿勢で臨んだにも関わらず失敗に終わったインパール作戦は、「勝ち目がないからこそ、なりふり構っていられない」という物でもありました。

最上の場合も、序盤はさすがに殺人などは考えていなかったと思いますが、どうにもならなくなって無謀な作戦を実行してしまいました。

愚策と自覚しつつ、それでもやらざるを得なかった。

作戦自体は愚かだけれど、お国の為に従った祖父が間違っていなかったのと同じように「自分も間違ったことはしていない」と思い込みたかったのでしょう。

そのため、死体を埋めてから帰宅するまでの道を「白骨街道」になぞらえたようにも見えます。

原作にはないエピソード

検察側の罪人 単行本

原作の小説にはインパール作戦は出てきません。映画オリジナルのエピソードです。

最上と諏訪部の絆の深さに説得力を持たせる為に追加された要素といわれています。

また、原田眞人監督はインタビューでこんな言葉も残しています。

「今の日本を語るときに、清算していない過去の戦争犯罪を避けて通ることはできない。そのうちの一つがインパール作戦である」

このエピソードのおかげで「やるせなさが増す」という効果もあったように思います。

ですがそれ以上に「インパール作戦の事を知ってほしい」という原田監督の強い思いがあったのではないかと思われます。

このエピソードを取り上げる事によって、どれだけ愚かな事があったのか、どんな悲劇があったのか、今の社会にどのように教訓にしていけるのか、などを考えさせます。

最上と沖野の勝負

検察側の罪人 文庫 (上)(下)セット

沖野は勝ったのか?

「冤罪をなくす」という点では沖野が勝利しましたが、そこで「沖野の正義が勝った、沖野の正義が正しかった」とはならないのがこの映画の面白い所。

「松倉を野放しにしていいのか?」という疑問が突きつけられます。振り出しに戻った気分です。

「冤罪を作る事」と「殺人鬼を野放しにする事」、どちらがより悪なのか?その答えは示されません。観る人に委ねられます。

「正義」は価値観に「信念」が加わったもののような気がします。

そして正義感が極度に強い人は自分の「正義」が心の支えとなります。

強い支えではあるものの、それが崩れたら立っていられない、生きられない。

『レ・ミゼラブル』のジャベールが「自分の正義」に疑いを持って身を投げてしまったように、正義の為に命をかけてしまう人もいるのでしょう。

最上は由季の為に復讐を果たし落ち着いたかと思いきや、次は親友・丹野の仇を討つ気満々です。

悪者は懲らしめなくてはいけません、それが最上の正義だから。

その正義を貫く為に、またインパール作戦のような無茶をするかもしれません。

それを止められるのは沖野かもしれないけれど、勝ったように見える沖野の方がブレていたりして…。

最上がハーモニカを持っていた意味とは?

kmise ハーモニカ 10ホールの鍵40 ケース付き ハープ クロマチックハーモニカ フレンチハープ ブロンズ マウスオルガン (MI2619)

難解なストーリーの「検察官の証人」ですが、解明されていないのが最後のハーモニカのシーンです。

 ”Cry Me A River”

ハーモニカは楽器なので、何かを演奏するためにハーモニカを持っていたという考察は、単純ですが真っ当だと思います。

殺された由季がダイナ・ワシントンが好きで”Cry Me A River”をいつも歌っていました。

この曲は恋愛ソングで、「男性の為に泣かされ続けた女性が別れを告げる」という歌です。

最上と由季は恋愛関係ではないようですが、最上が特別な思いを持っていたという可能性はあります。

由季のことを思いながら”Cry Me A River”を弾いて、思いに浸ろうとしていたのかもしれません。

視聴者に投げかけるための材料

この映画には複数の正義が存在するので、観終わった後にスッキリする映画ではなく、深みに浸るような映画だと思います。

作品のことを「理解した気」になってしまわないように、最後の最後にちゃんと「?」で終わらせるためによくわからないハーモニカを持たせたのではないでしょうか。

「結局最後のあれは何だったの?」と思ってもらいたいのではないかという、制作側の意図が感じられました。