決してハッピーエンドに終わらないこの物語は、何ともいえないリアリティを感じされてくれるではありませんか。